コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボントック族 ボントックぞくBontocs

世界大百科事典 第2版の解説

ボントックぞく【ボントック族 Bontocs】

フィリピンのルソン島北部山岳地帯のマウンテン州を中心として居住するプロト・マレー系の民族。マウンテン州(州都ボントック)の人口は9万4096(1975)で,このうちボントック語を母語とする住民は3万2800(34.9%)である。ボントック族は首狩り,勲功祭宴,雛壇耕作,動物供犠,巨石記念物の建立,頭蓋崇拝などの文化特性から,インド北東部のナーガ系諸族,東インドネシアのニアス島民などとともに,いわゆる東南アジア巨石文化複合を共有すると考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のボントック族の言及

【首狩り】より

…他の集団に属する人間を襲って殺し,首級を手に入れることを目的とした慣行。頭部に霊的な力が宿るという信仰が基本にあり,それを自分たちに有効な力として操作しようとする呪術・宗教的な行為である。南アメリカ,エクアドル領のヒバロ族は首級を念入りに加工し,保存する。日ごろから敵対関係にある集落の人間を,不意討ち,待伏せなど奇襲手段で殺し,切断した犠牲者の首級を持って安全な場所までひきあげると,直ちに頭骨を除去して,残りをそのまま土なべの中で煮て,縮小させる。…

※「ボントック族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボントック族の関連キーワードフィリピン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android