コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーグ ボーグ 〈フランス〉vogue

6件 の用語解説(ボーグの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボーグ(〈フランス〉vogue)

流行。人気。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボーグ

1892年米国で創刊されたファッション雑誌。当初は社交界とファッションと華やかな生活を伝える格式ある週刊誌としてスタートし,大富豪やヨーロッパからやってきた貴族の夫人たちに向けてのファッションや社交界情報が中心であった。
→関連項目アベドンクラインスタイケンナショナル・ジオグラフィックニュートンビートンペンローウィ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ボーグ

アメリカのSFテレビドラマ・映画シリーズ「スタートレック」に登場する機械生命体。さまざまな種族の所属の科学技術や知識を吸収する目的で、「同化」と呼ばれる強制的なサイボーグ化による侵略活動をおこなう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボーグ【Vogue】

アメリカのファッション雑誌。1893年にアメリカで発刊された。初めは社交界向けの雑誌であったが,1909年にこれを買い取ったナストCondé Nastが本格的なファッション誌とした。16年にはイギリス版,22年にはフランス版が出された。チェースEdna Woolman Chaseという女性編集長のもとに《ボーグ》は代表的なファッション誌となった。彼女は1914年から45年までその職にあった。32年には,C.スノーが《ボーグ》から引き抜かれてライバル誌《ハーパースバザーHarper’s Bazaar》の編集長となり,両誌が競ってともに大部数となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ボーグ【Vogue】

〔ボーグ(vogue)は「流行」の意〕
1893年、アメリカで創刊された代表的なファッション雑誌。現在、各国版がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーグ
ぼーぐ
Vogue

女性モードライフスタイル誌(月刊)。『ヴォーグ』とも表記される。1892年12月にアメリカで社交界向けの雑誌として創刊され、1909年弁護士から出版業界に転じたコンデ・ナストCond Nast(1873―1942)に買収されて以来、本格的なファッション雑誌として飛躍的な発展を遂げた。アメリカ版のほかに、フランス、イギリス、イタリア、スペインなどの各国版がある。リチャード・アベドンらボーグ写真家により一時代を画したが、1950年代以降オートクチュール中心のハイファッションが下火になり、女性の社会進出が盛んになるにつれ、モード誌も時代に即応した変身を強いられることになる。同誌の編集部にも、それまでの上流階級令嬢の花嫁修行ではなく、歴としたキャリアウーマンを目ざす女性が進出、その典型例がのちに独立してみずからの雑誌『ミラベラ』を創刊することになるグレース・ミラベラGrace Mirabella(1971年から88年まで『ボーグ』編集長)であった。85年、アメリカ版『エル』の出現がファッション雑誌界を震撼(しんかん)させ、後に『ボーグ』は編集長の交代とさらなる紙面刷新によって若返りを図ることとなる。日本では、コンデナスト社と日本経済新聞社との合弁会社日経コンデナストより、1999年に日本版『VOGUE NIPPON』が創刊された。フランス、イタリアには男性版『ボーグ』誌もある。本国版の平均発行部数は約114万部(1999)。[矢野浩三郎]
『グレース・ミラベラ著、実川元子訳『ヴォーグで見たヴォーグ』(文春文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のボーグの言及

【ビートン】より

…写真には子どものころから親しんでいたが,1930年代にはファッション写真家として活躍するようになった。《ボーグ》《ハーパーズ・バザー》などの雑誌に発表した写真は,華麗で幻想的な独特の演出によるもので,新しいファッション写真のスタイルを作り出している。また第2次世界大戦に従軍し,すぐれた戦争写真も撮った。…

【ローリング・トウェンティーズ】より

G.シャネル(ココ・シャネル)は働く女性のためのファッションを売り出した。《ボーグ》や《ハーパーズ・バザー》といったファッション誌によって,パリ・ファッションはアメリカ中に伝わった。毎年,新しい形が発表されるというシステムもこの時期に確立される。…

※「ボーグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボーグの関連キーワードファッションショーハイファッションアノニマスファッションクリスピーファッションノルディックファッションファッションエディターファッショングラスファッションリングマスファッションレトロファッション

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーグの関連情報