コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボージャン ボージャン Baugin, Lubin

2件 の用語解説(ボージャンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボージャン
ボージャン
Baugin, Lubin

[生]1612頃.ロアレ,ピティビエ
[没]1663.7.11. パリ
フランスの画家。 1651年に王立アカデミー会員となり,中世風の宗教画を描いたといわれるが,約 20点の作品が残存するのみで,そのうち確実な現存作品は『五感』と『巻菓子のある静物』 (ルーブル美術館) を含む静物画数点のみとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボージャン【Lubin Baugin】

1610ころ‐63
フランスの画家。〈プティ・ギード(小グイド)〉と呼ばれたように,イタリアにわたり当時人気のあった画家グイド・レーニの影響を受けた。ブロンドの色調,薄暗がりの微妙な描法,静かで弱々しい人物表現などが《羊飼たちの礼拝》や《聖母子》などの宗教画に見られるが,彼の本領は静物画に発揮される。《五感》や《ウエハースの皿》,《燭台に照らされる書物と紙》の光の表現は繊細な知性を感じさせる。それらは静物画にある寓意的な〈虚栄〉の意味から離れて,対象そのものの表現に心を注ぐ北方的な写実主義の系譜の上にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボージャンの関連キーワードアルトゥングマチスデュロンプティの法則恋のうぐいす恋の夜鳴きうぐいすぶらんこの絶好のチャンスホプティコプティマティスの肖像浴槽の裸婦アングロ・フランセ・ドゥ・プティット・ヴェヌリー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボージャンの関連情報