コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーヌ ボーヌBeaune

6件 の用語解説(ボーヌの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボーヌ(Beaune)

フランス中東部、コートドール県の都市。同県の副県都。ブルゴーニュワインの集散地。1443年に建てられたオテルディユ(施療院)で、毎年11月に行われるワインのオークションが世界的に知られる。

ボーヌ(Bône)

アルジェリア北東部の都市アンナバの旧称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ボーヌ【Beaune】

フランス中東部,ブルゴーニュ地方の小都市。人口2万0207(1982)。ディジョンの南西約40kmに位置する。前1世紀中葉ローマ人によって建設された。1203年自治都市となったが,27年ブルゴーニュ公国領となった。バロア家4代の公がとだえると,国王ルイ11世に反旗を翻したが,1478年王領地に編入された。現在はブドウ酒の集荷地としても有名で,毎年11月に開かれるブルゴーニュ・ワインの競売会には世界各地から商人が集まってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーヌ
ボーヌ

アナバ」のページをご覧ください。

ボーヌ
ボーヌ
Beaune

フランス中部,ブルゴーニュ地方,コートドール県の都市。県南部コートドール丘陵東麓,ディジョンの南南西約 40kmに位置する。ガロ・ローマ時代からのブルゴーニュ・ワイン生産の中心地で,ブドウの栽培に関する農業専門学校がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーヌの関連情報