コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーヌ Beaune

デジタル大辞泉の解説

ボーヌ(Beaune)

フランス中東部、コート‐ドール県の都市。同県の副県都。ブルゴーニュワイン集散地。1443年に建てられたオテルディユ(施療院)で、毎年11月に行われるワインのオークションが世界的に知られる。

ボーヌ(Bône)

アルジェリア北東部の都市アンナバ旧称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボーヌ

アンナバ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボーヌ【Beaune】

フランス中東部,ブルゴーニュ地方の小都市。人口2万0207(1982)。ディジョンの南西約40kmに位置する。前1世紀中葉ローマ人によって建設された。1203年自治都市となったが,27年ブルゴーニュ公国領となった。バロア家4代の公がとだえると,国王ルイ11世に反旗を翻したが,1478年王領地に編入された。現在はブドウ酒の集荷地としても有名で,毎年11月に開かれるブルゴーニュ・ワインの競売会には世界各地から商人が集まってくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーヌ

アナバ」のページをご覧ください。

ボーヌ
Beaune

フランス中東部,コートドール県の町。「黄金の屋根」と呼ばれるコートドール丘陵の東麓,ディジョンの南南西約 40kmに位置する。ガロ・ローマ時代からのブルゴーニュワイン(→ワイン)生産の中心地で,ブドウ栽培やワイン生産に関する職業訓練センターがある。最も特色ある建築物は,フラマン風の彩色瓦の屋根をもつボーヌ施療院(1443)で,ロヒール・ファン・デル・ワイデンの有名な祭壇画『最後の審判』がある。ロマネスク様式のノートルダム聖堂(12世紀)にはタペストリーの収集があり,聖ニコラ教会,ワイン博物館となったブルゴーニュ公の城館などがある。円形の町の一部はいまも中世の城壁に囲まれている。毎年 11月にはワイン祭り「栄光の3日間」が開催され,多くの観光客が訪れる。2015年,ワインの生産地としてディジョンとともに世界遺産の文化遺産に登録された(→ブルゴーニュ)。人口 2万1300(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボーヌの関連キーワードマレー(Etienne Jules Marey)マルク ミンコフスキフランコ・フラマン派ブルーノ ラトゥールボーヌのワイン市場アパラチア山脈ロマネコンティアルジェ占領ドゥー[川]オテルデューモンラッシェデファン夫人マリオットフォルヌレバジールアナバ県モンジュコポーマレー

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボーヌの関連情報