コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーヌ ボーヌ Beaune

6件 の用語解説(ボーヌの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボーヌ(Beaune)

フランス中東部、コートドール県の都市。同県の副県都。ブルゴーニュワインの集散地。1443年に建てられたオテルディユ(施療院)で、毎年11月に行われるワインのオークションが世界的に知られる。

ボーヌ(Bône)

アルジェリア北東部の都市アンナバの旧称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボーヌ【Beaune】

フランス中東部,ブルゴーニュ地方の小都市。人口2万0207(1982)。ディジョンの南西約40kmに位置する。前1世紀中葉ローマ人によって建設された。1203年自治都市となったが,27年ブルゴーニュ公国領となった。バロア家4代の公がとだえると,国王ルイ11世に反旗を翻したが,1478年王領地に編入された。現在はブドウ酒の集荷地としても有名で,毎年11月に開かれるブルゴーニュ・ワインの競売会には世界各地から商人が集まってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーヌ
ボーヌ

アナバ」のページをご覧ください。

ボーヌ
ボーヌ
Beaune

フランス中部,ブルゴーニュ地方,コートドール県の都市。県南部コートドール丘陵東麓,ディジョンの南南西約 40kmに位置する。ガロ・ローマ時代からのブルゴーニュ・ワイン生産の中心地で,ブドウの栽培に関する農業専門学校がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーヌの関連キーワードディジョンマコンシャブリブルゴーニュ大公宮殿アリゴテシャンベルタンドメーヌピノノワールモンラッシェブルゴーニュ風

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーヌの関連情報