ポアント・ノアール(読み)ポアントノアール

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポアント・ノアール
ぽあんとのあーる
Pointe-Noire

アフリカ中西部、コンゴの大西洋岸の港湾都市。人口29万8014(1984)。同国第2位の都市である。1934年に首都ブラザビルとを結ぶコンゴ・大西洋鉄道が開通して以来、内陸地方との中継貿易港として、コンゴの経済発展に貢献してきた。アブラヤシ、綿花、木材などのほか、ガボンのマンガンを積み出す。1960年代からは石油、とくに海底油田の開発の中心地となり、精油所もある。[赤阪 賢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android