コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアント・ノアール ポアントノアール

百科事典マイペディアの解説

ポアント・ノアール

コンゴ共和国南西部,大西洋岸の港湾都市西南西約390kmのブラザビルと鉄道で結ばれる。商工業の中心で,ナツメヤシ綿花,木材,ゴムなどの取引が行われる。港湾施設は1934年に建設され,第2次大戦後整備された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポアント・ノアール
ぽあんとのあーる
Pointe-Noire

アフリカ中西部、コンゴの大西洋岸の港湾都市。人口29万8014(1984)。同国第2位の都市である。1934年に首都ブラザビルとを結ぶコンゴ・大西洋鉄道が開通して以来、内陸地方との中継貿易港として、コンゴの経済発展に貢献してきた。アブラヤシ、綿花、木材などのほか、ガボンのマンガンを積み出す。1960年代からは石油、とくに海底油田の開発の中心地となり、精油所もある。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポアント・ノアールの関連キーワードフランス領赤道アフリカ中央アフリカ共和国コンゴ共和国