コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアント・ノアール ポアントノアール

2件 の用語解説(ポアント・ノアールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポアント・ノアール

コンゴ共和国南西部,大西洋岸の港湾都市。西南西約390kmのブラザビルと鉄道で結ばれる。商工業の中心で,ナツメヤシ,綿花,木材,ゴムなどの取引が行われる。港湾施設は1934年に建設され,第2次大戦後整備された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポアント・ノアール
ぽあんとのあーる
Pointe-Noire

アフリカ中西部、コンゴの大西洋岸の港湾都市。人口29万8014(1984)。同国第2位の都市である。1934年に首都ブラザビルとを結ぶコンゴ・大西洋鉄道が開通して以来、内陸地方との中継貿易港として、コンゴの経済発展に貢献してきた。アブラヤシ、綿花、木材などのほか、ガボンマンガンを積み出す。1960年代からは石油、とくに海底油田の開発の中心地となり、精油所もある。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポアント・ノアールの関連キーワードカディスグアヤキルコナクリコンゴ川コンゴ盆地ブラザビルベンゲラルアンダレシフェコンゴ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone