コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスタン ポスタン Postan, Michael Moisei

4件 の用語解説(ポスタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポスタン
ポスタン
Postan, Michael Moisei

[生]1898.9. ベッサラビア,ティギーナ
[没]1981.12.12. ケンブリッジ
ロシア生れのイギリスの経済史家。ロンドン大学卒業後,1927年母校の歴史学講師,31年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス経済史講師,35年ケンブリッジ大学ピーター・ハウスフェロー,ケンブリッジ大学講師,38~65年同大学経済史教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポスタン

英国の経済史家。ロシアのベッサラビアに生まれ,各地の大学を移ったあと1919年英国に亡命し,1927年ロンドン大学講師となる。1937年同大学で教えていたE.パウアと結婚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ポスタン【Michael Moissey Postan】

1899‐1981
イギリスの経済史家。ロシアのベッサラビアに生まれ,各地の大学を転々としたのち,1919年イギリスに亡命,翌年ロンドン大学に入学した。37年に同大学で教えていた中世史家E.E.le P.パワーと結婚した。同大学講師からケンブリッジ大学に移り,38年教授となる。マナー制度の崩壊過程について経営史的,ネオ・マルサス主義的な手法を適用し,E.A.コスミンスキーと対立したことが日本ではとくによく知られているが,産業革命期や現代の経済史についても,優れた業績を残している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポスタン
ぽすたん
Michael Moissey Postan
(1898―1981)

イギリスの経済史家。ロシアのベッサラビアに生まれ、若くしてイギリスへ移住。ロンドン大学を卒業後、同大学の講師を経て、1935年にケンブリッジ大学に移り、1939~1965年の間同大学経済史教授を務めた。1937年、彼の師で中世史学者のアイリン・パワーと結婚したが、3年後死別。ポスタンは、長年にわたって『経済史評論』の編集に携わるとともに、同誌に多くの論文を発表し、中世経済史研究の第一人者の地位を確立した。主要著作には『15世紀イギリス商業の研究』(1933)や『中世末期の人口減少の経済的根拠』(1950)など商業史と人口史についての業績のほかに、イギリスの賦役の金納化を扱った『賦役の年代考証』(1937。邦訳は『イギリス封建社会の展開』に収録)、封建制の危機について独自の見解を展開した『15世紀』(1939。邦訳同上)や、彼のイギリス中世経済史研究の総括ともいうべき『中世の経済と社会』(1972)などがあり、いずれも高い評価を受けた。第二次世界大戦後は現代史に強い関心を示し、『西ヨーロッパ経済史――1945~1964年』(1967。邦訳書名は『戦後ヨーロッパ経済史』)を著した。[根本久雄]
『宮下武平・中村隆英監訳『戦後ヨーロッパ経済史』(1969・筑摩書房) ▽佐藤伊久男訳『イギリス封建社会の展開』第2版(1976・未来社) ▽保坂栄一・佐藤伊久男訳『中世の経済と社会』(1983・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポスタンの関連キーワードアンウィンキシニョフベッサラビアヤングハズバンドアラビア糊イギリス巻ロシアより愛をこめてドルジエフ吉岡昭彦《ロシアの経済発展問題に対する批判的覚書》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone