ポリマー

百科事典マイペディアの解説

ポリマー

同種の小さい分子(モノマー)が互いに多数結合し,それに相当する構造単位の繰返しによって構成される分子,またはそれからなる物質をポリマー(重合体)という。モノマー二つの重合体を二量体,三つの重合体を三量体という。構造単位の繰返しの多いものが高重合体であり,このことから高分子物質のことを一般にポリマーと呼ぶ(重合高分子化合物)。ポリエチレン,ポリ塩化ビニルなどの合成樹脂名は,それぞれエチレン,塩化ビニルをモノマーとして得られるポリマーであることを示す。2種類以上の構成単位からなる高分子化合物も,ポリマーと呼ばれることが多い。
→関連項目ポリマーアロイ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ポリマー

タツノコプロ制作のテレビアニメ『破裏拳ポリマー』のキャラクター。鎧武士(よろいたけし)が高分子重化合物“ポリマー粒子”で作られた変身用ヘルメット、ポリメットにより変身した姿。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリマー【polymer】

同じ種類の小さい分子が互いに多数結合し,それに相当する構造単位のくり返しによって構成された分子,またはそれから成る物質をポリマー(重合体)という。出発物に当たる小さい分子をモノマー(単量体)といい,モノマー二つの重合体を二量体dimer,三つの重合体を三量体trimerと呼ぶ。構造単位のくり返しの数が多く,したがって分子量が大きいときには高重合体という。このことから,ひろく高分子物質のことをポリマーと呼ぶこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のポリマーの言及

【高分子】より

これらの高分子化合物は,それぞれの構成単位に相当する低分子化合物が互いに結合する,重合反応によって生成したポリマー(重合体)であるとみることができる。その意味で高分子のことをポリマーpolymerと通称することも多い。 高分子を特徴づけるのはその分子量の大きさである。…

【重合】より

…小さい分子が互いに多数結合して巨大な分子,すなわち高分子となることを重合という。このとき出発物の小さい分子をモノマーmonomer(単量体),重合の結果生成する高分子をポリマーpolymer(重合体)という。そのポリマーの分子におけるモノマーからの構成単位の数を重合度という。2種類以上のモノマーの間で起こる重合を共重合といい,また重合の逆,すなわちポリマーがモノマーに分解することを解重合という。重合は一般にモノマーの間に共有結合が生じることによって起こり,そのような変化が起こる反応を重合反応という。…

【高分子】より

次に合成高分子の例をいくつかあげる。これらの高分子化合物は,それぞれの構成単位に相当する低分子化合物が互いに結合する,重合反応によって生成したポリマー(重合体)であるとみることができる。その意味で高分子のことをポリマーpolymerと通称することも多い。…

【重合】より

…小さい分子が互いに多数結合して巨大な分子,すなわち高分子となることを重合という。このとき出発物の小さい分子をモノマーmonomer(単量体),重合の結果生成する高分子をポリマーpolymer(重合体)という。そのポリマーの分子におけるモノマーからの構成単位の数を重合度という。…

※「ポリマー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリマーの関連情報