ポリ酢酸ビニル(読み)ポリさくさんビニル(英語表記)polyvinyl acetate

  • ポリ酢酸ビニル polyvinyl acetate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酢酸ビニルの重合体。工業的にはラジカル開始剤により,溶液重合または乳化重合で生成される。柔軟で軟化点が低く,エマルジョンとして接着剤塗料に使用されている。また,単独重合体はポリビニルアルコールの原料として使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

酢酸ビニルのラジカル重合によって得られる,無色透明の熱可塑性樹脂。約60℃で軟化し,80℃で流動化する。また,ケトンエステルメチルアルコール,ベンゼン,ハロゲン化炭化水素など各種の有機溶剤によく溶ける。このため,ポリ酢酸ビニル自体としては,接着剤,塗料,チューインガムの基材,繊維の後処理剤などに若干用いられる程度であり,生産量の80%以上は加水分解してポリビニルアルコールとされ,合成繊維ビニロンの製造原料などとして使用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

酢酸ビニルの単独重合、または酢酸ビニルを主成分とする共重合により得られる高分子化合物。無色透明で水に不溶。接着剤・塗料やチューインガムのベースなどにも用いるが、大部分は加水分解によりポリビニルアルコールとして、ビニロンの合成原料となる。酢酸ビニル樹脂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢酸ビニルCH3OCOCH=CH2の重合体(ポリマー)でPVAcと略称される無色透明の熱可塑性樹脂。工業的には溶液または乳化重合で製造される。ポリマーの軟化点が38℃と低いので、プラスチックの用途としてはチューインガムの基材、接着剤、紙サイジング剤として用いられるにすぎない。しかし、このポリマーを加水分解して得られるポリビニルアルコールは合成繊維ビニロンの原料である。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ポリはpoly ビニルはvinyl) 酢酸ビニルの重合体。アセチレンに酢酸を付加してできる酢酸ビニルを重合させてつくる。接着剤、塗料のほか、チューインガムのベースとして用いられている。鹸化すればポリビニルアルコールになり、ビニロンの原料となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android