コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンポナッツィ ポンポナッツィPomponazzi, Pietro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンポナッツィ
Pomponazzi, Pietro

[生]1462.9.16. マントバ
[没]1525.5.18. ボローニャ
イタリアの哲学者。ルネサンス期の代表的アリストテレス主義者。パドバ大学で医学と哲学を学び,1487~1509年同大学,12~25年ボローニャ大学で哲学を教えた。激しい論争を巻起した主著『魂の不死について』 Tractatus de immortalitate animae (1516) で,理性が証明しうるのは魂の可滅性にすぎず,その不死は信仰個条であるとした。人間の最高の目標を道徳的行為にみて,徳それ自体が報償であるとした。ほかに『運命論』 De fato (67) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ポンポナッツィ

イタリアのアリストテレス主義哲学者。パドバボローニャ大学教授。主著《霊魂不滅論》(1516年)で聖俗両界に大きな反響を与えた。ほかに《魔術論》《運命論》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポンポナッツィ【Pietro Pomponazzi】

1462‐1525
ルネサンス・イタリアアリストテレス学派の代表的哲学者。パドバ大学で哲学,医学を修め,パドバ(1487‐1509),ボローニャ(1512‐25)両大学で哲学を教えた。主著《霊魂不滅論》(1516)は,人間霊魂が肉体とともに死滅する可能性を説いて,激しい論争を起こした。本書は元来アリストテレスの《霊魂論》の注解という体裁をとるが,所論を原著者自身のあるがままの意図を解明するという文献学的立場から展開して,伝来のアリストテレス解釈に反駁を加え,人間霊魂の不滅性を否定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポンポナッツィ
ぽんぽなっつぃ
Pietro Pomponazzi
(1462―1525)

イタリア・ルネサンス期の哲学者。マントバで生まれる。パドバで医学の学位を得たのち、フェッラーラでアリストテレスの『霊魂論』を注解、最後はボローニャで教え、そこで多くの著作を残す。とくに主著『霊魂の不滅について』(1516)が出てからは、多方面から非難を受け、1518年ローマ教会に訴えられた。
 人間の霊魂を、存在や思惟(しい)のために物質を必要としない不滅で永遠な純粋知性と、物質を必要としその内に浸って生きる動物との中間に位置づけ、この中間的な知性たる霊魂こそ人間に固有なもので、精神の純粋さと物質の複雑さを兼ね備えた人間の本性を表現しているとみなす。人間は普遍的なものを考えうるという点で、「ある意味で」不死ではあるが、肉体なしに思考することができず、内的に肉体に結び付いているために、「端的に」可死的であるとする。また霊魂を可死とする立場から、死後の賞罰のためよりも、徳のために徳を求めることに、より大きな功績を認める。しかし不死を完全に否定したわけではなく、信仰の問題にゆだねた。パドバのアリストテレス主義の代表者である。[大谷啓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポンポナッツィの関連キーワード蓮田兵衛ユーヌス・ハンルネサンス史(年表)首都圏の待機児童池坊専慶イワンイワン[3世]曼陀羅寺飛鳥井雅俊池坊専慶