コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウナ・ロア[山] マウナロア

1件 の用語解説(マウナ・ロア[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マウナ・ロア[山]【マウナロア】

米国,ハワイ州ハワイ島の南半部を占める活火山。北部にマウナ・ケア山,南東にキラウェア山が連なる。噴出した溶岩量は世界最大。大噴火は1832年以降約20回,楯(たて)状火山で噴火はおだやか。
→関連項目ハワイ[島]ハワイ火山国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

マウナ・ロア[山]の関連キーワードオアフ島ハワイアン音楽ハワイ諸島マウイ島マウナケアワイキキビーチ布哇ハワイアンハワイ標準時ハワイ型塊状熔岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone