コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシーモフ Maksimov, Vladimir Emel'yanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシーモフ
Maksimov, Vladimir Emel'yanovich

[生]1932.12.9. モスクワ
[没]1995.3.26. パリ
ソ連生れの作家。労働者の家庭に生れ,無頼な浮浪児の生活をおくりながら,読書によって独学。 1956年に処女詩集『歩哨に立つ世代』 Pokolenie na chasakhを刊行。 62年には中編『人間が生きている』 Zhiv chelovekを発表,好評を博した。その後『創造の7日間』 Sem' dnei tvoreniyaを書上げたが国内で発表できず,71年に西ドイツで発表。これは鉄道員ラシコフ家の3代の歴史を通じてソ連社会のすべてを描き出した野心作であるが,作者は 74年3月パリへ亡命した。同年,西ドイツで創刊されたロシア文学の発表機関である雑誌『コンチネント』の編集長に就任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクシーモフ【Vladimir Emel’yanovich Maksimov】

1932‐95
ロシアの作家。レニングラードの労働者の家庭に生まれたが,父がラーゲリに送られたため,極貧の苦境に落とされ,少年時代からソ連の各地を転々とした。《われらは大地を蘇らす》(1961),《人間が生きている》(1962)の中編小説で注目されたが,まもなく国内での出版が禁じられ,長編《創造の七日間》(1971)と《検疫》(1973)のロシア語版を西ドイツで出版し,〈第2のソルジェニーツィン〉として高く評価されると同時に,反体制運動に荷担し,74年に亡命を余儀なくされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクシーモフ
まくしーもふ
Vladimir Emel'yanovich Maksimov
(1932―1995)

ロシアの小説家。モスクワに生まれる。児童養護院で育ち、普通工養成所を修了。種々雑多な労働に従事し各地を放浪しながら独学するが、不良行為のかどで投獄されもした。1956年処女詩集を出版、1961年の中編小説『われわれは大地をよみがえらせる』でパウストフスキーに認められ、作家的地位を得る。卑語、俗語を交えた重厚な文体を駆使し、社会矛盾と底辺に生きる人々の真実を描くところから、検閲のとがめも受けた。長編『創造の7日間』『検疫』は地下出版で流布し、国際的な反響をよんだ。[中本信幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マクシーモフの関連キーワードネクラーソフ(Viktor Platonovich Nekrasov)コンスタンチン イワノフ11月27日ユーノスチポセフ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android