コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタハリ Mata Hari

デジタル大辞泉の解説

マタ‐ハリ(Mata Hari)

[1876~1917]パリのムーランルージュで人気を集めたオランダ系のダンサー。第一次大戦中、ドイツのスパイとしてフランス軍に逮捕され、銃殺された。マタ=ハリは芸名で、マレー語で太陽の意。以後、女スパイの代名詞となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マタハリ【Mata Hari】

1876~1917) オランダのダンサー。第一次大戦前夜、パリのムーラン-ルージュで人気を博したが、ドイツのスパイとして捕らえられ、処刑死。 〔マタ-ハリはマレー語で太陽の目の意。この事件以後、女スパイの代名詞ともなった〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マタハリ
またはり
Mata Hari
(1876―1917)

第一次世界大戦中にドイツのスパイとして活躍した女性。マタハリ(マレーに特有な呼称で太陽とか曙光(しょこう)という意味)はインド舞踊のダンサーとしてデビューしたときからの芸名で、本名はマルガレータ・ゲールトライダ・ゼレ。オランダ人。天性の美貌(びぼう)とヌードに近い踊りで艶名(えんめい)をはせ、大戦前夜のパリで一世を風靡(ふうび)した。フランスの貴族社会、外務省、軍当局、各国大使館首脳らの共通の愛人として、パリの上流社会に自由に出入りできたので、大戦が始まるや、ドイツにねらわれ、そのスパイ網のなかに組み込まれた。1917年2月フランス当局に逮捕され、同年10月銃殺された。彼女のスパイ活動は素人(しろうと)の域を出なかったのに、軍法会議が死刑の判決を下したのは、同じ年(1917)フランス陸軍内で暴動があり、国民の目をそらす必要からという。[林 茂夫]
『M・グリッランディ著、秋本典子訳『マタハリ』(1986・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

マタハリ
Mata Hari


1876 - 1917.10.15
オランダのダンサー。
レーウワルデン生まれ。
本名マルガレータ・ゲールトライダ・ゼレ〈Margaretha Geertruida Zelle〉。
第一次世界大戦中にドイツの女スパイとして活躍したことで知られる。オランダ軍将校のマクレオドの妻としてボルネオ、ジャワなどを転々とした後、マタハリの芸名でインド舞踊のダンサーとしてデビューし、第一次世界大戦前夜のパリで一世を風靡する。マタハリとはマレー語で太陽を意味する。パリの上流社会に自由に出入りできたため、ドイツ軍のスパイ網に組み込まれ、大戦中の1917年2月にフランス政府に逮捕され、同年10月15日バンセンヌで銃殺された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

マタハリの関連キーワードロバート・ラスル ベネット粛親王善耆スバルジョ片倉智子川島芳子エルテ漢奸

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マタハリの関連情報