マタ・ハリ(英語表記)Mata Hari

世界大百科事典 第2版の解説

マタ・ハリ【Mata Hari】

1876‐1917
美貌の女スパイとして知られるオランダのダンサー。本名はツェレMargaretha Geertruida Zelle。レーウワルデンに生まれ,オランダ軍将校マクレオドの妻となって,ボルネオ,スマトラ,ジャワを転々とした。帰欧後パリの高級娼館で頭角を現してから,マタ・ハリ(マレー語で〈太陽〉の意という)の名でインド舞踊のダンサーとしてデビューし,第1次大戦前夜のパリで一世を風靡した。大戦中モンテサック侯爵と名のる元高等詐欺師と組んでドイツ側のスパイとして活動した容疑で逮捕され,死刑を宣告されて,1917年10月15日未明バンセンヌで銃殺された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マタ・ハリの関連情報