コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッケ マッケ Macke, August

2件 の用語解説(マッケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッケ
マッケ
Macke, August

[生]1887.1.3. メシェデ
[没]1914.9.26. シャンパーニュ
ドイツの画家。ジュッセルドルフ美術学校に学び,ベルリン,パリに留学。オランダイタリアを旅行し,1910年 F.マルクと会い,翌年「青騎士」の運動に参加。 14年チュニスへ旅行。マチスドローネーらの影響を受け,表現主義の画家たちのなかでも最も繊細な感受性をそなえた画家として知られたが,第1次世界大戦に応召し,早世した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マッケ
まっけ
August Macke
(1887―1914)

ドイツの画家。メシェーデに生まれる。1904~06年デュッセルドルフ美術学校に学ぶ。07年コリントに師事。07~08年パリに滞在して印象派およびゴーギャンの作品を知り、フォービスムに刺激を受ける。10年マルクと知り、ミュンヘンの新芸術家同盟に加わる。11年そこから派生した「青騎士」の運動に参加し、マルク、カンディンスキーと機関誌の編集に携わった。12年マルクとパリへ旅行、ドローネーを知って強い影響を受ける。天成の色彩家である彼の画面に結晶体を思わせる輝くフォルムが獲得され、緑陰に遊ぶ少女や湖畔を散歩する人々などの愛好のモチーフが、抽象とは一線を画する表現で描かれた。14年にはクレーとチュニス方面へ旅行、このときの水彩画連作は制作の最高潮を示している。第一次世界大戦に従軍し、シャンパーニュの前線で戦死を遂げた。代表作に『チュニス風景』(マンハイム芸術ホール)などがある。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッケの関連キーワード階乗パッシェン系列メシェド醜めしメシェッド三角数ロシェデドン公園マスジェデシェイクロトフォッラーマスジェデシェイフロトフォッラーメシェッドアリ

マッケの関連情報