コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツバラン

3件 の用語解説(マツバランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マツバラン

マツバラン科の常緑性多年草。本州南部〜亜熱帯・熱帯の樹上や岩上に着生,地上にもはえる。高さ10〜30cm,茎は緑色で何回も二叉(ふたまた)に分枝し,草箒(くさぼうき)をさかさに立てたような形となり,ごく小さい葉がまばらにつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マツバラン【Psilotum nudum (L.) Griseb.】

常緑で姿が松の葉のように線状であることから,松葉蘭の名がついた(イラスト)。シダ植物マツバラン科の多年草。通常着生,時に地上生。根がない。地下茎は細く1~2mm,密に二叉(にさ)に分枝し,褐色の仮根を密生する。地上茎は地下茎から生じ,直立し,高さ10~30cm,緑色,毛はなく,細く1~1.5mm,数回立体的に二叉に分枝し,縦に稜が走り,その上に小突起状の葉がまばらにつく。胞子囊をつける葉は二叉に分かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツバラン
まつばらん / 松葉蘭
[学]Psilotum nudum (L.) Griseb.

マツバラン科の多年生常緑性シダ。根茎は根をもたず、地下を分枝しながらはう。地上茎は高さ10~35センチメートル、二叉(にさ)の分枝を繰り返して箒(ほうき)状の外形になる。小枝は径1~1.5ミリメートルで断面は三角形、爪(つめ)状の小さな葉をまばらにつける以外は裸である。胞子嚢(のう)は二叉に分かれた突起状の葉に抱かれて小枝上に生じ、径は約2ミリメートルで、中は3室に分かれ、それぞれ熟して黄色くなると縦に割れる。シダ植物ではあるが、前葉体は心臓形にならず棒状で、断続する維管束をもつ。関東地方南部以南の山中にまれに産し、樹上や岩上に着生する。江戸時代からイワヒバとともに観葉植物として多くの品種がつくりだされた。小粒の水はけのよい砂に、鹿沼土(かぬまつち)や水苔(みずごけ)を混ぜて鉢植えにすれば容易に栽培できるが、関東地方以北では温室で越冬させる必要がある。マツバランは、古生代に繁茂した無葉類(プシロフィトン類)の生き残りであるとされるが、異説も多い。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマツバランの言及

【シダ植物(羊歯植物)】より

…多系の維管束植物のうち,胞子植物段階にとどまっている群で,系統的なまとまりではないと考えられている。一般にシダ類といわれるものは真正シダ類fernで,シダ植物にはほかにマツバラン類psilotum,石松(せきしよう)類lycopod,トクサ類(有節類)horsetail(これらをひっくるめてfernalliesという)が含まれる。
[生活環]
 種子をつくらない維管束植物はすべて,生活史のうちに,独立の生活を営む胞子体の世代(ふつうにみられるシダの体)と配偶体の世代(前葉体)をもち,それらが交互に現れる規則正しい世代交代を行っている。…

【裸茎植物】より

維管束植物を主として葉の性質で四つの系統に区分した場合,葉も根も分化しない植物群を裸茎植物(英名psilophytes)といい,マツバラン類などともいう。現生種はマツバラン属とイヌナンカクラン属の2属に分類され,それぞれ独立の科として扱われるが,化石は知られておらず,デボン紀に滅んでしまった古生マツバラン類とは直接の系統関係はないとみなされている。…

※「マツバラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マツバランの関連キーワードシダーグリーン常磐色ミスルトー常緑松の言の葉松の葉の木の葉轡獅子蘭あみだくじ(阿弥陀籤)松の友

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マツバランの関連情報