コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌルネコ マヌルネコOtocolobus manul; Pallas's cat

3件 の用語解説(マヌルネコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヌルネコ
マヌルネコ
Otocolobus manul; Pallas's cat

食肉目ネコ科。体長 45~60cm,尾長 23~30cmで,イエネコよりやや大きい。毛はやや長毛で灰黄色。背の後方に数本の褐色の横線と,頬に黒色の縞がある。耳の先端は丸く,顔の両側の毛は著しく長い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マヌルネコ【Pallas’s cat】

体毛が長く美しい野生ネコ。食肉目ネコ科の哺乳類トルクメンイランからカシミールチベット,中国西部,モンゴルシベリア南東部に分布。体長50~65cm,尾長21~31cm,体重2.5~3.5kg。体はがんじょうで四肢が太く短い。耳は短く丸く,頭部の側方につく。上あごの前臼歯(ぜんきゆうし)はふつうのネコ類よりも1対少なく,歯は28本しかない。体色は変化に富むが,多くは背面は黄灰色または赤褐色を帯びた灰色,頰には2本の暗色線があり,その間は白色,後半身には赤褐色または黒色の細い横帯があり,腹面は灰色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マヌルネコ
まぬるねこ
manulPallas' cat
[学]Otocolobus manul

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。シベリア、モンゴル、チベットの高地に分布し、乾燥したステップや砂漠などに生息する。体長52~62センチメートル、尾長21~30センチメートル。体毛は長く密で、寒冷な気候に耐える。体は黄灰色ないし黄褐色を帯びた黄色。岩の多い平原などでネズミ類、ナキウサギ、ライチョウなどをとらえる。飼育下で5月中旬に1腹5子を産んだ記録がある。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マヌルネコの関連キーワード加藤愛香トパーズ唐古(からこ)・鍵遺跡環状木柱列ウッドサークル土俵アカゲザルアズキ(小豆)アナゴアマゾンユリ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マヌルネコの関連情報