コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌルネコ Otocolobus manul; Pallas's cat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヌルネコ
Otocolobus manul; Pallas's cat

食肉目ネコ科。体長 45~60cm,尾長 23~30cmで,イエネコよりやや大きい。毛はやや長毛で灰黄色。背の後方に数本の褐色の横線と,頬に黒色の縞がある。耳の先端は丸く,顔の両側の毛は著しく長い。前臼歯は上下とも2対ある。夜行性ハタネズミハツカネズミなどの小さな齧歯類ナキウサギなどの小型哺乳類などを捕食する。シベリア南部,モンゴルカシミールに分布し,森林や草原などに生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マヌルネコ【Pallas’s cat】

体毛が長く美しい野生ネコ。食肉目ネコ科の哺乳類。トルクメン,イランからカシミール,チベット,中国西部,モンゴル,シベリア南東部に分布。体長50~65cm,尾長21~31cm,体重2.5~3.5kg。体はがんじょうで四肢が太く短い。耳は短く丸く,頭部の側方につく。上あごの前臼歯(ぜんきゆうし)はふつうのネコ類よりも1対少なく,歯は28本しかない。体色は変化に富むが,多くは背面は黄灰色または赤褐色を帯びた灰色,頰には2本の暗色線があり,その間は白色,後半身には赤褐色または黒色の細い横帯があり,腹面は灰色。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マヌルネコ
まぬるねこ
manulPallas' cat
[学]Otocolobus manul

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。シベリア、モンゴル、チベットの高地に分布し、乾燥したステップや砂漠などに生息する。体長52~62センチメートル、尾長21~30センチメートル。体毛は長く密で、寒冷な気候に耐える。体は黄灰色ないし黄褐色を帯びた黄色。岩の多い平原などでネズミ類、ナキウサギ、ライチョウなどをとらえる。飼育下で5月中旬に1腹5子を産んだ記録がある。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マヌルネコの関連キーワード加藤愛香トパーズ脇差ショウキズイセン(鐘馗水仙)唐古(からこ)・鍵遺跡環状木柱列ウッドサークル土俵アカゲザル

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マヌルネコの関連情報