コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マプート マプート Maputo

翻訳|Maputo

3件 の用語解説(マプートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マプート(Maputo)

アフリカ南東部、モザンビーク人民共和国の首都。同国南部、インド洋に臨む港湾都市。19世紀末、南アフリカと鉄道で結ばれ、トランスバール地方の金の積み出し港として栄えた。旧称ロレンソマルケスを独立時に改称。ポルトガル領時代に築かれた要塞や大聖堂などが残っている。人口、行政区110万(2007)。マプト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マプート【Maputo】

モザンビーク共和国の首都。インド洋に臨む港湾都市。旧称、ロレンソマルケス。マプト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マプート
まぷーと
Maputo

アフリカ南東部、モザンビークの首都。同国南部、インド洋に面するデラゴア湾の北岸に位置する港湾都市である。旧称ロレンソ・マルケスLoureno Marques。人口98万9386(1997センサス)、106万2700(2001推計)。1502年、ポルトガルの航海者バスコ・ダ・ガマの船隊の指揮官A・ド・カンポが到達、44年同地を探検したポルトガルの商人ロレンソ・マルケスの名をとって命名された。同年要塞(ようさい)が建てられ、奴隷と象牙(ぞうげ)の積み出しのためポルトガル船がたびたび訪れた。1721~32年には一時オランダが占領したが、マラリアが蔓延(まんえん)したため放棄し、81年ポルトガルが改めて総督を派遣して軍事基地を建設した。その後ポルトガル本国からの植民が進み、1907年ポルトガル領東アフリカの首都となった。また、19世紀末にヨハネスバーグ(南アフリカ共和国)との間に鉄道が開通し、トランスバール地方の金の積み出しと鉱山に必要な物資の輸入港として栄えた。町は港の西側に位置し、モザンビークの行政中心地としての機能を果たすとともに、セメント、ビール、たばこ、製靴などの工業が発達し、精油所も建設されて同国の産業の中心地となっている。大学、博物館、動植物園など文化施設も整っている。ラテン風の雰囲気をもつ市街と海水浴場があり、独立以前は南アフリカ共和国などからの観光客でにぎわった。1975年モザンビークが独立すると、市名をマプートに改称した。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マプートの関連キーワードザンビア朝鮮人民共和国マプトモガディシオモザンビークモザンビーク解放戦線モザンビーク海流ハラーレモザンビーク[市]コンゴ人民共和国

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone