コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメコガネ(豆黄金) マメコガネPopillia japonica

世界大百科事典 第2版の解説

マメコガネ【マメコガネ(豆黄金) Popillia japonica】

甲虫目(鞘翅(しようし)類)のコガネムシ科の昆虫(イラスト)。成虫,幼虫ともに農作物,果樹および花卉園芸の害虫として知られる。成虫の頭部,胸部は暗緑色金属光沢があり,上翅は黄褐色で条溝がある。体長10mm内外。成虫は5月ころから出現し,日中に群がって葉を食べる習性があり,ダイズアズキ,ブドウなどが著しい被害を受けることがある。北海道から九州まで各地にもっともふつうに見られるほか,北アメリカにも分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマメコガネ(豆黄金)の言及

【帰化生物】より

… 帰化動物は,天敵や抗争種がいない場合,爆発的に増えて,農作物などにひどい害を与えることがある。アメリカ合衆国に1916年ころ苗について日本から入ったといわれ,Japanese beetleの名で知られるマメコガネが,日本では特別顕著な害がなかったのに,アメリカでは東部にまんえんし,リンゴ,モモなどの果樹をはじめ,マメ類その他の作物の重要な害虫になったのは,その一例である。日本に入ったイセリアカイガラムシも果樹その他に大害を及ぼしたが,原産地の天敵ベダリアテントウを導入することによって,まんえんを防ぐことができた。…

【ツチバチ(土蜂)】より

…ツチバチ類とコツチバチ類はともにコガネムシの天敵として重要である。ヒメハラナガツチバチ,マメコガネコツチバチTiphia popilliavora,クロコガネコツチバチT.phyllophagaeなどは,日本からアメリカに侵入したマメコガネの天敵として,日本からアメリカに輸出され,防除に役だっている。【勝屋 志朗】。…

※「マメコガネ(豆黄金)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android