コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメザヤタケ(豆莢茸) マメザヤタケXylaria polymorpha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マメザヤタケ(豆莢茸)
マメザヤタケ
Xylaria polymorpha

子嚢菌類核菌類マメザヤタケ目クロサイワイタケ科。広葉樹の枯れ木の根ぎわに群生する。ときとして生木につくこともあるが心材が必ずおかされている。材の腐朽菌の1種である。子実体はとくりをさかさまにした形,すりこぎの形など不定形で,非常に硬く,黒色である。まれに柄部がふたまたに割れることもある。子実体の内部には空洞があり,また白色の組織もあるが,表層の黒い組織内に多数の子嚢殻を生じ,その孔口は子実層の表面に並んで開いている。胞子は黒褐色で成熟すると,この孔口から空気中に放出される。世界的に分布し,日本でも各地方の山地でごく普通にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android