コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメザヤタケ Xylaria polymorpha (St.Amans) Grev.

2件 の用語解説(マメザヤタケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マメザヤタケ【Xylaria polymorpha (St.Amans) Grev.】

子囊菌類の核菌類タマカビ目クロサイワイタケ科のキノコ広葉樹の枯木や立木の根もと近くに多数発生する。学名はラテン語で,xylariaは〈木質の〉,polymorphaは〈いろいろな形の〉の意味で,名のとおり形の変化が多い。高さ3~7cm程度,全体が黒い炭質で,すりこぎ形から棒状,頭状をして硬い。子実体の内部は中空で白く,頭部の黒い部分に無数の胞子形成器官(子囊殻)が埋まって形成され,表面に微細な点状の口部があいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マメザヤタケ
まめざやたけ / 豆莢茸
[学]Xylaria polymorpha (St. Amans) Grev.

子嚢(しのう)菌類、タマカビ目クロサイワイタケ科のキノコ。土になかば埋まった枯れ木の上に生え、すりこぎ形、逆とっくり形などをしている。高さ3~10センチメートル、上半部の太さは1センチメートル内外。全体は木炭のように硬くて黒く、表面には点状のつぶつぶが密に生える。切断すると内部は白くて空洞、薄い殻の中にはケシ粒ほどのとっくり形の小室が一列に並んでいる。これを子嚢殻といい、中に子嚢があり、無数の子嚢胞子がつくられる。キノコの表面の点々は子嚢殻の開口部で、この小穴から真っ黒な胞子が出される。胞子は紡錘形で、大きさは23~35マイクロメートル×8~9マイクロメートル。同じ属には多くの種があるが、いずれも黒く、炭質である。マメザヤタケは広葉樹の腐朽菌(リグニン分解菌)であるため、腐朽材は白く、黒い雲形の線模様をつくる。分布は日本をはじめ、世界各地と広い。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マメザヤタケの関連情報