コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラトンの戦い マラトンのたたかいBattle of Marathōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラトンの戦い
マラトンのたたかい
Battle of Marathōn

ペルシア戦争中,ギリシア軍がアッチカ北東部のマラトンで,アケメネス朝のペルシア軍を大敗させた戦闘。前 490年9月マラトンの南海岸に上陸したペルシアの大軍約2万 5000に対し,アテネミルチアデスの提案により約1万の重装歩兵 (ホプリタイ ) を送った。プラタイアイの援軍 1000を得て,ミルチアデス指揮下のギリシア軍はペルシア軍と戦いを交えて勝った。ペルシア軍は船へ逃げ戻り,アテネ市へ向ったが,アテネ軍が陸路をとってただちに市へ戻ったことを知り,攻撃をあきらめて自国へ引返した。ペルシア軍が 6400人の兵士を失ったのに対し,ギリシア側の死者はわずか 192人だったといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

マラトンの戦い

ペルシャ戦争中の前四九〇年、アテネ北東のマラトン海岸に上陸したペルシャ軍を、アテネ重装歩兵が打ち破った戦い。勝利を伝えるべく走り続け、報告後に絶命した兵士の故事が、競技マラソンの起源とされる。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マラトンの戦い
まらとんのたたかい

ペルシア戦争第1回遠征(前490)中の戦闘。ペルシア王ダリウス1世の派遣した遠征軍は、エーゲ海を横断し、エウボイア島のカリストス、エレトリア両市を攻略したのち、アテネの北東海岸マラトンMarathonの野に上陸した。その報に接したアテネは、名将ミルティアデスの即時応戦案を採択し、約1万の重装歩兵を急行させた。プラタイアイから援軍約1000人が合流し、数日間対峙(たいじ)したのち、アテネ軍は駆け足で攻撃し、数的に勝るペルシア軍を敗走させた。退却したペルシア軍は乗船してスニオン岬を回ってアテネ市を突こうとしたが、相手方が強行軍で帰還したために果たせずして引き揚げた。この戦闘によって、アテネの底力が広く認められた。
 なお、マラソン競技の由来はこのマラトンの戦いに関連する。アテネの飛脚フェイディッピデスPheidippides(またはフィリッピデスPhilippides)は、援軍依頼のためスパルタまで230キロメートル以上を2日で疾走した。ここから彼が「マラトンの戦いの勝利をアテネに急報するために険路を走破した」との故事が生まれ、マラソン競技が行われるようになった。[豊田和二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マラトンの戦いの関連キーワードアリステイデス(政治家、軍人)総合年表(ヨーロッパ)ダリウス(1世)アルタフェルネスアテネ人の宝庫マラソンレースダレイオス1世スパルタスロンアイスキロスブラウニングギリシア史ヒッピアスカリマコスシモニデスペルシャダティスキモン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android