コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリー・アントアネット マリー・アントアネット Marie Antoinette

翻訳|Marie Antoinette

2件 の用語解説(マリー・アントアネットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリー・アントアネット
マリー・アントアネット
Marie Antoinette

オーストリアの小説家 S.ツワイクの伝記小説。 1932年刊。時代の嵐にもまれ,ついにはギロチンにかけられるフランス王妃の一生を,精神分析的手法によって描いたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マリー・アントアネット

フランス国王ルイ16世の妃。オーストリアマリア・テレジアの娘。1770年結婚。優美にして軽率,奢侈(しゃし)を好み,〈首飾事件〉などで世の非難をあびた。フランス革命の際,国王に反抗を勧め,オーストリアと通謀して国外脱出を企てたが失敗(バレンヌ事件)。
→関連項目タッソーツワイク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

マリー・アントアネットの関連キーワードピレネー条約オーストリア併合フランソワマリアテレジアマリーアントワネットルブルック太陽王ポンパドゥール夫人ルイ[17世]マリー・アントアネット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone