コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリー・アントアネット Marie Antoinette

翻訳|Marie Antoinette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリー・アントアネット
Marie Antoinette

オーストリアの小説家 S.ツワイクの伝記小説。 1932年刊。時代の嵐にもまれ,ついにはギロチンにかけられるフランス王妃の一生を,精神分析的手法によって描いたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マリー・アントアネット

フランス国王ルイ16世の妃。オーストリアマリア・テレジアの娘。1770年結婚。優美にして軽率,奢侈(しゃし)を好み,〈首飾事件〉などで世の非難をあびた。フランス革命の際,国王に反抗を勧め,オーストリアと通謀して国外脱出を企てたが失敗(バレンヌ事件)。
→関連項目タッソーツワイク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

マリー・アントアネットの関連キーワードオート・クチュールロバート モーリービジェ・ルブランルイ[16世]パピヨン[種]ルイ[17世]コンコルド広場グーティエールフェルセンビオッティ高橋 禎二ノベールデュモン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android