コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルティンソン マルティンソン Martinson, Harry Edmund

4件 の用語解説(マルティンソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルティンソン
マルティンソン
Martinson, Harry Edmund

[生]1904.5.6. ブリーキンゲ,イェムスベク
[没]1978.2.11. ストックホルム
スウェーデンの詩人,小説家。6歳のとき父に死別,母に捨てられ,16歳まで教区の農家を転々として育った。のち船員となってその体験を主題に作家生活に入り,1949年プロレタリア作家として初めてスウェーデン・アカデミー会員に選ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マルティンソン

スウェーデンの作家。自伝小説《いらくさの花咲く》,放浪小説《クロックリーケへの道》,詩集《幽霊船》《蝉》,《アニャーラ》(1956年)等。1974年ノーベル文学賞受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マルティンソン【Harry Edmund Martinson】

1904‐78
スウェーデンの詩人,作家。6歳で父に死別し,母はアメリカへ移住,天涯孤独の身となる。16歳で海員生活に入り,詩集《幽霊船》(1929)で文壇に登場,〈5人の若者Fem unga〉のグループに属し《放浪者》(1931)などの詩集,《あてのない旅》(1932),《さよなら岬》(1933)などの紀行文,自伝的小説《イラクサの花咲く》(1935),放浪小説《クロックリーケへの道》(1948)などを著し,第2次大戦後は《蟬》(1953)以下《草の山》(1973)に至る五つの詩集を刊行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルティンソン
まるてぃんそん
Harry Edmund Martinson
(1904―1978)

スウェーデンの詩人、作家。6歳で父に死別、母に捨てられ、16歳で海員生活に入る。詩集『幽霊船』(1929)、『放浪者』(1931)、『自然』(1934)で詩人の地位を確立。若い詩人のグループ「五人の若者」の1人。散文では、『あてのない旅』(1932)、『さよなら岬』(1933)などの紀行文、自伝小説『いらくさの花咲く』(1935)、自然観照のエッセイ『すずめ蛾(が)とかとんぼ』(1937)、『仲夏の谷』(1938)など。放浪小説『クロックリーケへの道』(1948)は中国の道教に共感する作家の人生哲学を展開する。第二次世界大戦中はソビエト・フィンランド戦争を扱う『真実は死んだ』(1940)を発表。戦後は『蝉(せみ)』(1953)以下『草の山』(1973)に至る五つの詩集を出版。彼の名を後世に伝えるのは長詩『アニャーラ』(1956)で、放射能汚染の地球脱出を図る人々に託して人類の未来を、該博な知識を駆使して描き、オペラ化された。1949年プロレタリア出身者として初のアカデミー会員に選ばれ、74年ノーベル文学賞を受賞。[田中三千夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマルティンソンの言及

【スウェーデン】より

ヘイデンスタムは病弱の身のために療養をかねて長く海外生活を送った後に祖国スウェーデンへ回帰したが,ラーゲルクビストは早くからパリに遊び,みずから海外の新風に触れてそれを摂取しようとしたのであった。ユーンソンマルティンソンは次に述べるプロレタリア文学を代表する作家,詩人であるが,前者はいち早く郷里の寒村をすてて一個のヨーロッパ人となることを目ざして大陸へ渡り,後者は天涯孤独の身を船員生活にゆだねて世界をまわり,ヨーロッパばかりか南アメリカ,アジア,中国の文化にまで強い関心を示したのであった。 20世紀スウェーデン文学を特色づけるものにプロレタリア文学がある。…

※「マルティンソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルティンソンの関連キーワードスウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルティンソンの関連情報