コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルトフ Martov, L.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルトフ
Martov, L.

[生]1873.11.24. イスタンブール
[没]1923.4.4. ベルリン
ロシアの革命家。本名 Yulii Osipovich Tsederbaum。ユダヤ人の家に生れた。 1891年革命運動に入り,93~95年流刑となった。 95年レーニンとともに「労働者階級解放闘争同盟」に加わったが,翌年逮捕されてシベリア流刑に処せられた。 1901年国外に逃れて,レーニンや G.V.プレハーノフと『イスクラ』の編集にあたったが,03年ロシア社会民主労働党第2回大会で組織問題でレーニンと対立,以後メンシェビキの指導者となった。 17年二月革命後ロシアに戻ったが,ボルシェビキ政権に反対して 20年亡命し,ベルリンで『社会主義通報』 Sotsialisticheskii Vestnikを発行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マルトフ(L. Martov)

[1873~1923]ロシアの革命家。本名、ユーリー=オシポビチ=ツェデルバウム(Yuliy Osipovich Tsederbaum)。レーニンとともにロシア社会民主労働党の設立に活躍。のち、レーニンと対立し、メンシェビキの指導者となった。十月革命に反対してベルリンに亡命。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マルトフ

ロシアの革命家。本名ツェデルバウムY.O.Tsederbaum。初めレーニンの僚友で,1895年ペテルブルグ労働者階級解放闘争同盟の結成に参画,《イスクラ》編集にも当たった。
→関連項目ロシア社会民主労働党

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルトフ【L.Martov】

1873‐1923
ロシア社会民主労働党メンシェビキ派の指導者。本名はツェデルバウムYulii Osipovich Tsederbaum。トルコのイスタンブールに生まれ,ロシアのユダヤ人差別の中で育ち,ナロードニキに共鳴したがマルクス主義に転じ,レーニンらと社会民主労働党の草創を担った。1896年に逮捕され,シベリア流刑の後,1901年ドイツに亡命し,新聞《イスクラ》編集に携わり,党再建と第2回党大会(1903)召集の原動力として働いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルトフ
まるとふ
Л. Мартов L. Martov
(1873―1923)

本名Юлий Осипович Цедербаум/Yuliy Osipovich Tsederbaum。ロシアの革命家、社会民主労働党員。コンスタンティノープルの商人の子に生まれる。ペテルブルグ大学を中退し、1895年、レーニンによって創設された「労働者階級解放闘争同盟」に加わったが、96年に逮捕され、97年シベリアに流刑となった。1901年ミュンヘンに亡命、『イスクラ』編集者の1人となる。3年のロシア社会民主労働党(共産党)第2回大会でレーニンと対立、メンシェビキの指導者となった。05年の革命の際ペテルブルグ・ソビエトの活動に参加。反動期には解党派の『社会民主主義者の声』を編集、17年メンシェビキ‐国際派のグループとともにメンシェビキ「左派」として十月革命に協力し、第7、第8回全ロシア・ソビエト大会代議員、19年には全ロシア・中央執行委員会委員に選出された。国内戦期にはプロレタリアート独裁に反対し、20年亡命先のドイツで死去。回想録『社会民主党員の手記』(1922)がある。[木村英亮]
『マールトフ著、加藤一郎訳『ロシア社会民主党史』(1976・新泉社) ▽I・ゲツラー著、高橋馨訳『マールトフとロシア革命』(1975・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

マルトフ

生年月日:1873年11月24日
ロシアの政治家
1923年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のマルトフの言及

【ソビエト連邦共産党】より

…このマルクス主義運動サークルのなかから1898年にソビエト連邦共産党の前身であるロシア社会民主労働党が創立され,ストルーベによる創立宣言が発表された。その後,ロシア・マルクス主義の父とよばれたプレハーノフらは若手のレーニン,マルトフらとともに新聞《イスクラ》に拠って本格的な革命政党の形成をめざし,1903年の第2回党大会以前から合法マルクス主義や経済主義の各潮流と対立関係にあった。しかし,この大会では党規約第1条をめぐって,西ヨーロッパ型の大衆政党を志向するマルトフと,少数の前衛的革命党観を有するレーニンとの間に対立が生じ,前者を支持する少数派(メンシェビキ)と多数派(ボリシェビキ)との分裂が生じた。…

【ロシア社会民主労働党】より

…91年の大飢饉や翌年のウッチのゼネストの影響下に数十のマルクス主義サークルが生まれた。その最有力グループがレーニンマルトフらのペテルブルグ労働者階級解放闘争同盟である。レーニンらは逮捕・流刑になるが,各地にこれを模倣した〈闘争同盟〉がつくられた。…

※「マルトフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マルトフの関連キーワードボリシェビキコミンテルンプレハーノフ生年月日封印列車

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android