コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルハ マルハ Malha Wells

3件 の用語解説(マルハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルハ
マルハ
Malha Wells

スーダン西部,ダルフル州のほぼ中央部の丘陵にある給水地。州都ファーシル北東 190kmに位置する。玄武岩の丘陵の中央に直径 1500m,深さ 100mの火口湖 (塩湖) があり,内部斜面に2つの泉,山麓に無数の泉がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マルハ
マルハ

マルハニチロホールディングス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルハ
まるは

大手の総合水産会社。兵庫県明石(あかし)の魚商中部(なかべ)家の林兼(はやしかね)商店が前身。当初の鮮魚仲買運搬業から、大正期には山口県下関を本拠に漁業の直営を開始。1925年(大正14)株式会社林兼商店となり、捕鯨業、トロール漁業に乗り出すなど総合水産会社の体制を備えた。北洋漁業では失敗したが、1936年(昭和11)大洋捕鯨株式会社を設立し、南氷洋に船団を派遣した。1943年水産統制令により西大洋漁業統制株式会社となるが、第二次世界大戦後すぐに大洋漁業に改称。戦争被害からの再建に着手し、南氷洋捕鯨を復活するとともに、再開された北洋漁業にも参加した。戦後の経営戦略は漁業を中心に、荷受け、食品加工、造船、海運、冷蔵、商事など多角化を推進した。1977年(昭和52)の200海里漁業水域の制定により、漁業は縮小の道をたどり、海外ネット・ワークを拡大しながら、水産物を基盤とした総合食品会社化を志向、多数の関連会社を擁して、大洋グループを形成した。1993年(平成5)マルハと改称した。2004年持株会社マルハグループ本社を設立、その子会社となった。2007年10月、マルハグループ本社は水産業界3位のニチロと経営統合、これに伴いマルハグループ本社はマルハニチロホールディングスに社名変更した。2008年のグループ会社再編で、マルハを含む子会社の分割、新設が行われ、マルハはマルハニチロ水産に商号を変更した。[中村青志]
『大洋漁業株式会社編・刊『大洋漁業80年史』(1960)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルハの関連キーワードポートスーダンワーウヘッセンエルファーシルタルーダントニャラルンベクスーダン内戦とダルフール紛争スーダン[地方]ラービフ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルハの関連情報