コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルハ Malha Wells

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルハ
Malha Wells

スーダン西部,ダルフル州のほぼ中央部の丘陵にある給水地。州都ファーシル北東 190kmに位置する。玄武岩の丘陵の中央に直径 1500m,深さ 100mの火口湖 (塩湖) があり,内部斜面に2つの泉,山麓に無数の泉がある。遊牧民の通過点で,シャマーリーヤ州のサリーマ・オアシスを経由して,州都ファーシルにいたる隊商路上の地点。

マルハ

マルハニチロホールディングス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルハ
まるは

大手の総合水産会社。兵庫県明石(あかし)の魚商中部(なかべ)家の林兼(はやしかね)商店が前身。当初の鮮魚仲買運搬業から、大正期には山口県下関を本拠に漁業の直営を開始。1925年(大正14)株式会社林兼商店となり、捕鯨業、トロール漁業に乗り出すなど総合水産会社の体制を備えた。北洋漁業では失敗したが、1936年(昭和11)大洋捕鯨株式会社を設立し、南氷洋に船団を派遣した。1943年水産統制令により西大洋漁業統制株式会社となるが、第二次世界大戦後すぐに大洋漁業に改称。戦争被害からの再建に着手し、南氷洋捕鯨を復活するとともに、再開された北洋漁業にも参加した。戦後の経営戦略は漁業を中心に、荷受け、食品加工、造船、海運、冷蔵、商事など多角化を推進した。1977年(昭和52)の200海里漁業水域の制定により、漁業は縮小の道をたどり、海外ネット・ワークを拡大しながら、水産物を基盤とした総合食品会社化を志向、多数の関連会社を擁して、大洋グループを形成した。1993年(平成5)マルハと改称した。2004年持株会社マルハグループ本社を設立、その子会社となった。2007年10月、マルハグループ本社は水産業界3位のニチロと経営統合、これに伴いマルハグループ本社はマルハニチロホールディングスに社名変更した。2008年のグループ会社再編で、マルハを含む子会社の分割、新設が行われ、マルハはマルハニチロ水産に商号を変更した。[中村青志]
『大洋漁業株式会社編・刊『大洋漁業80年史』(1960)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マルハの関連キーワードマルハニチロホールディングス(株)OUGホールディングスマルハナバチ(丸花蜂)株式会社アクリフーズマルハグループ本社オマルハイヤーム廟スーパーマルハチ横浜ベイスターズ大洋漁業[株]条紋黄円翅牙蛾細牙黄円翅牙蛾日本水産[株]中部 銀次郎黄斑褄円牙蛾淡帯根円翅蛾根白樺扁牙蛾淡帯円翅牙蛾瑠璃円腹小蜂マルハナバチアクリフーズ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルハの関連情報