コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニチロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニチロ

マルハニチロホールディングス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニチロ
にちろ

食品会社の旧名称。1906年(明治39)設立の堤商会が前身で、北洋での漁獲と缶詰生産を行っていた。1921年(大正10)3社合併により日魯漁業株式会社が発足し、第二次世界大戦前は北洋全域でサケ・マス・カニ漁業を展開し、多数の缶詰工場を操業した。第二次世界大戦後、樺太(からふと)(サハリン)・千島(ちしま)・カムチャツカの漁場を喪失し、北海道沿岸のサケ・カニ漁業、下関(しものせき)を基地とするトロールや底引網漁業、遠洋カツオ・マグロ漁業などに転じた。1952年(昭和27)講和条約発効により北洋漁業が再開され、母船式サケ・マス漁業を復活したが、56年のソ連ブルガーニン・ラインの設定により日ソ漁業交渉が開始され、北洋漁業の規制強化による船団の逐次削減で、北洋漁業依存からの脱皮を迫られ、食品加工部門への進出を開始した。1977年に200海里漁業水域が各国で制定されたのに伴い、漁労部門を順次撤退、漁労にかわる事業として水産品貿易部門とあけぼの印の缶詰・冷凍食品・畜産品などの加工食品事業を展開。漁業比率が5%を切ったのを機に、1990年(平成2)日魯漁業をニチロと社名変更した。2007年10月、マルハを子会社にもつ持株会社マルハグループ本社と経営統合、マルハグループ本社がマルハニチロホールディングスと商号変更、ニチロはマルハとともに、その子会社となる。その後2008年4月、マルハニチロホールディングスは主要な事業会社を「マルハニチロ水産」「マルハニチロ食品」「マルハニチロ畜産」「マルハニチロ物流」に再編した。経営統合前のニチロの資本金122億円(2007)、売上高2517億円(2007。連結ベース)。[中村青志]
『ニチロ編・刊『日魯漁業経営史』第2巻(1995)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニチロの関連キーワードマルハニチロホールディングス(株)株式会社アクリフーズマルハグループ本社ニチロサンフーズ横浜ベイスターズマルハニチロアクリフーズスクウィナヤヨイ食品平塚常次郎吉富 璣一ニチロ工業横浜丸魚佑々木優林兼産業大都魚類水産会社吉富璣一堤清六

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニチロの関連情報