コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレンツィオ マレンツィオ Marenzio, Luca

3件 の用語解説(マレンツィオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレンツィオ
マレンツィオ
Marenzio, Luca

[生]1553. ブレシア近郊コッカグリオ
[没]1599.8.22. ローマ
イタリアの作曲家。ブレシア大聖堂の少年聖歌隊員となり,1578~86年はローマの枢機卿エステ家のルイジに,88年にはフィレンツェの G.バルディ伯に仕え,その後もローマ,ポーランドベネチアの貴族に仕えたが,最後にローマ教皇音楽家となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マレンツィオ【Luca Marenzio】

1553か54‐99
イタリア・ルネサンスの最後を飾る作曲家。おもにローマで貴族に仕えたが,晩年の一時期はポーランド王にも仕えた。白譜定量記譜法の特質を最大限に生かした音画の手法を多用した500曲を超えるマドリガーレ(マドリガル)によって知られる。その技巧的であると同時に流麗な作風は,ヨーロッパ各地の音楽,とくにイギリスのマドリガルの発展に多大な影響を与えた。また1589年メディチ家の婚礼の際に書かれた《シンフォニア》など,器楽曲のシンフォニア(交響曲)の最初期の例を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マレンツィオ
まれんつぃお
Luca Marenzio
(1553/1554―1599)

イタリアの作曲家。ローマで枢機卿(すうききょう)ルイジ・デステらに仕えたほか、フェッラーラ、マントバ、フィレンツェなどの宮廷にも招かれるなど、生涯ほとんどイタリアを出ることはなかった。ジェズアルドやモンテベルディとともに、後期マドリガーレ(多声歌曲)の最大の作曲家の1人であり、その4、5、6声による多数のマドリガーレは、均整のとれたポリフォニー書法を基礎とし、気品あふれた格調高い性格を示している。また三声の世俗声楽曲ビラネッラ(「田舎(いなか)歌」の意)も多数書いたほか、宗教的マドリガーレやモテトゥスの分野でもいくつかの作品を残している。[今谷和徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマレンツィオの言及

【イタリア音楽】より

…イタリア各地の宮廷では,音の粋を尽くしたマドリガーレ(14世紀のものとは性質が異なる)や,軽快なビラネラ,バレットなどが楽しまれた。L.マレンツィオ,C.ジェズアルドやモンテベルディらは,マドリガーレの代表的な作曲家である。
[バロック]
 1580年代のフィレンツェで,一群の貴族と文学者と音楽家がカメラータ(同志の意)と自称したアカデミアに結集し,古代ギリシアの音楽のあり方を探りつつ,ギリシア悲劇を復興しようとする運動を起こした。…

【音楽】より

…世俗音楽の分野ではフランスでパリを中心にシャンソンが栄え,イタリアではマドリガーレ(マドリガル)が人気の中心になる。16世紀末のL.マレンツィオやC.ジェズアルドのマドリガーレは特に大胆な半音階和声を駆使して強烈な感情表現を行い,世紀末的頽廃の香りさえただよわせ始める。16世紀後半のイタリアではまた,ローマのG.P.パレストリーナが教皇庁礼拝堂を中心に清澄な響きのうちでカトリック教会音楽の理想像を実現する一方,ベネチアのサン・マルコ大聖堂では,アンドレアとジョバンニの両ガブリエリを中心に二重合唱の技法や声と楽器の協奏様式が発達して,来たるべきバロック時代を準備する。…

【バイオリン】より

…イタリアでは16世紀末から合奏の旋律楽器として使われ始める。その最初の例は,L.マレンツィオの〈シンフォニア〉(1589)である。他方クレモナ出身のモンテベルディはオペラ《オルフェオ》(1607)の中でバイオリンを使い,バイオリンがオーケストラの中心的楽器としての地位を確立していく道を開いた。…

※「マレンツィオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マレンツィオの関連キーワードマサッチオルネルネサンスカロリングルネサンスアフリカルネサンスの像ダンスリールネサンス合奏団ルネサンス様式イタリア・ルネサンス《イタリア・ルネサンスの文化》ルネサンス演劇

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マレンツィオの関連情報