マンガロール(英語表記)Mangalore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド南西部,カルナータカ州南西部,アラビア海にのぞむ港湾都市。ダクシンカンナド県の行政庁所在地。 14世紀からアラビアと交易し,16世紀中頃にはポルトガル占領,1763年マイソール藩王国領になり,造船基地がおかれた。 99年イギリスに移譲。ウェスタンガーツ山脈一帯を後背地とし,カシューナッツコーヒーチーク材,ココナッツ,ビャクダン,米,カルダモンなどの農林産物を積出しする。近年ではムンバイ (ボンベイ) ,ゴアコーチンに次ぐアラビア海の第4の港として開発が進められ,鉄鉱石の輸出港となっている。綿織物の製造が盛んで,ほかに磁器やココヤシ繊維製品を産する。同国のキリスト教の一中心地で,ローマ・カトリック教会が運営し,マンガロール大学に属する3つのカレッジがある。人口 27万 2819 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インド南部,カルナータカ州南西端の港市。人口27万3000(1991),大都市域人口42万6000(1991)。地名は,14世紀までの古名マンガルプラMangalpuraがポルトガル語になまったものといわれ,現地ではクダーラKudala(〈二つの川の合流点〉の)という。グルプル川とネトラーバティ川の河口合流地の背後南北に延びる潟湖に面する。西ガーツ山脈とその山麓部に産するコーヒー,茶,香料,カシューナッツなどのプランテーション産品,チーク,白檀などの有用材の加工,移出港として名高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インド南部、カルナータカ州南西部の都市。人口39万8745、周辺部を含む人口53万8560(2001)。アラビア海沿岸に古くから栄えた港湾都市で、16世紀以後ポルトガル人やアラビア人が中継貿易港として利用し、こしょうや織物の積出し港として発展した。今日では木材やコーヒーの輸出も盛んである。市内で生産される屋根瓦(がわら)はマンガロール・スタイルとして有名。マンガロールとは、14世紀ごろまでの古称マンガルプラまたはマンガレルをポルトガル人がなまったものである。

[中山修一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android