コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンガロール マンガロール Mangalore

4件 の用語解説(マンガロールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンガロール
マンガロール
Mangalore

インド南西部,カルナータカ州南西部,アラビア海にのぞむ港湾都市。ダクシンカンナド県の行政庁所在地。 14世紀からアラビアと交易し,16世紀中頃にはポルトガルが占領,1763年マイソール藩王国領になり,造船基地がおかれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マンガロール(Mangalore)

インド南部、カルナータカ州の都市。アラビア海に面し、14世紀からアラブ人が海洋交易の中継地として利用。16世紀にポルトガルが占領。18世紀にマイソール藩王国の外港となり、造船基地が置かれた。独立後、幹線道路や鉄道が整備され、木材・コーヒー・紅茶・香料の積出港となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マンガロール【Mangalore】

インド南部,カルナータカ州南西端の港市。人口27万3000(1991),大都市域人口42万6000(1991)。地名は,14世紀までの古名マンガルプラMangalpuraポルトガル語になまったものといわれ,現地ではクダーラKudala(〈二つの川の合流点〉の意)という。グルプル川とネトラーバティ川の河口合流地の背後を南北に延びる潟湖に面する。西ガーツ山脈とその山麓部に産するコーヒー,茶,香料,カシューナッツなどのプランテーション産品,チーク,白檀などの有用材の加工,移出港として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンガロール
まんがろーる
Mangalore

インド南部、カルナータカ州南西部の都市。人口39万8745、周辺部を含む人口53万8560(2001)。アラビア海沿岸に古くから栄えた港湾都市で、16世紀以後ポルトガル人やアラビア人中継貿易港として利用し、こしょうや織物の積出し港として発展した。今日では木材やコーヒーの輸出も盛んである。市内で生産される屋根瓦(がわら)はマンガロール・スタイルとして有名。マンガロールとは、14世紀ごろまでの古称マンガルプラまたはマンガレルをポルトガル人がなまったものである。[中山修一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンガロールの関連キーワードカルナータカ戦争コーチンカルナータカ音楽ヒンドゥスターニー音楽ベンガルールカルナータカスカルナープラカルナータカ[州]フブリ・ダールワールベルガウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンガロールの関連情報