コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンネンスギ

百科事典マイペディアの解説

マンネンスギ

ヒカゲノカズラ科の常緑シダ。北海道〜九州の山地の林中や陽地などにはえる。全体にヒカゲノカズラが立ち上がったような形で高さ約20cm,密に分枝し,とげ状の細かい葉を密生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンネンスギ
まんねんすぎ / 万年杉
[学]Lycopodium obscurum L.

ヒカゲノカズラ科の常緑性シダ。主軸は地中を横走して樹枝状に分枝する高さ10~30センチメートルの直立茎をまばらに出す。茎には長さ数ミリメートルの小葉が密生し、小葉は全縁で先が鋭くとがる。通常長さ2~5センチメートルの胞子嚢穂(のうすい)が1本の側枝に数個生ずるほか、各小枝の先端にも1個の胞子嚢穂が直立して生ずる。胞子葉は丸みを帯びた心臓形で先がとがり、向軸面(葉の上側)に、葉面と平行に裂開する胞子嚢を1個つける。マンネンスギの分枝の程度にはいろいろあり、枝が斜上する普通の型をタチマンネンスギ、枝が扇形に開出する型をウチワマンネンスギとよぶが、区別は明確でない。全国の山地林下にやや普通にみられる。露店や夜店で鉢植えとして売られることがある。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマンネンスギの言及

【ヒカゲノカズラ】より

…ここでは近縁種よりも,姿・形のちがったものをとりあげる。マンネンスギL.obscurum L.は主茎が地中を長くはい,側枝である地上茎がよく分枝して樹木状になる。胞子囊穂が小枝端に1個つく。…

※「マンネンスギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンネンスギの関連キーワードヒカゲノカズラ天鵞絨杉シダ植物セン類万年草有馬杉祝茸

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android