コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンハイム Mannheim, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンハイム
Mannheim, Karl

[生]1893.3.27. ブダペスト
[没]1947.1.9. ロンドン
ドイツの社会学者。ブダペスト,フライブルク,ハイデルベルク各大学で学び,『認識論の構造分析』 Die Strukturanalyse der Erkenntnistheorie (1922) によって学位を得た。 1929年の『イデオロギーとユートピア』 Ideologie und Utopieをはじめとする諸業績は,マルクス主義のイデオロギー論の克服を目指すと同時に,知識社会学を樹立するうえで重要な著作となった。ナチスの勃興によりドイツを追われ,33年イギリスに渡った。この体験から,独裁体制下での自由主義の危機を感じ取り,現代という時代の診断学から,さらに計画的民主主義の思想を展開することになった。 45年ロンドン大学教育学部教授となり,教育社会学の方向に新展開を示した。実践面でもユネスコのヨーロッパ部長に任じられたが,急逝。その他著書『変革期における人間と社会』 Mensch und Gesellschaft im Zeitalter des Umbaus (1935) ,『現代の診断』 Diagnosis of Our Time (43) ,『自由,権力,民主的計画』 Freedom,Power,and Democratic Planning (50) など多数。

マンハイム
Mannheim

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州の都市。州北西端,ライン川ネッカー川合流点に位置する。 764年に村として記録。 1606年選帝侯フリードリヒ4世により計画的な都市建設がなされ,市街は 136の長方形に区切られた。翌年都市権を獲得。三十年戦争の際破壊され,1720年ファルツ選帝侯によって再建された。 1834年ライン河港が建設されてのち経済的に発展,20世紀初頭には工業化が進んだ。現在は化学,農業機械,鉄鋼,自動車,電気機器などの工業が立地し,対岸のルートウィヒスハーフェンとともに工業地区を形成している。伝統のある文化都市で,特に 18世紀にはドイツの演劇,音楽の一中心となり,シラーの劇の初演,J.シュターミツらのマンハイム楽派などで知られた。国立劇場 (1954~57再建) ,ライス美術館,クンストハレ美術館などがある。人口 31万1969(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マンハイム(Karl Mannheim)

[1893~1947]ハンガリー生まれの社会学者。知識社会学を確立。また、時代の診断学として現代学を構想ナチス政権成立後、英国に亡命。著「イデオロギーユートピア」など。

マンハイム(Mannheim)

ドイツ南西部、ライン川に注ぐネッカー川の合流点に位置する河港都市。機械・光学機器工業や石油精製が盛ん。15世紀以来プファルツ選帝侯本拠地として発展し、18世紀は音楽の一中心地でもあった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マンハイム

ハンガリー生れの社会学者。ハンガリー革命の際にはルカーチらとともに文化運動に活躍し,反革命後ドイツへ亡命,1930年フランクフルト大学教授となる。しかしナチスの台頭によりロンドン大学に移り,ここで没した。

マンハイム

ドイツ南西部,バーデン・ビュルテンベルク州の商工業都市。ネッカー川のライン川への合流点にある河港で,対岸のルートウィヒスハーフェンとともに重要な工業地区を形成。
→関連項目ルートウィヒスハーフェン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンハイム【Mannheim】

ドイツ南西部,バーデン・ビュルテンベルク州第2の大都市。人口31万6000(1995)。ライン,ネッカー両河川の合流点にあり,南ドイツ最大の河港をもち,対岸のルートウィヒスハーフェンと双子都市として,ライン中流有数の工業地帯の中心地。地名は,漁村Mannenheimに由来し,766年初めて文書史料に現れる。1606年ファルツ選帝侯フリードリヒ4世が,オランダ式星形城塞と碁盤目街区からなる都市を建設,翌年都市法を付与した。

マンハイム【Karl Mannheim】

1893‐1947
ハンガリー生れの社会学者。ブダペストに生まれ,ブダペスト大学を卒業。ルカーチらと同じくブダペストの革新的知識人の一人であったが,反革命後亡命してハイデルベルク大学をはじめ,ドイツ語圏で活躍,1930年にはフランクフルト大学の教授となる。しかしナチスの台頭でロンドン大学に移り,その地で客死した。ハイデルベルクの知的雰囲気の中で,はじめ認識論的関心から出発したが,やがて新カント派にあきたらず〈歴史主義〉的立場に立って独自の途をひらき,《イデオロギーとユートピア》(1929)によって脚光を浴びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マンハイム【Mannheim】

ドイツ西部、ライン川とその支流ネッカー川との合流点にある河港都市。もとファルツ選帝侯の地。碁盤目状の街路をもつ計画都市として有名。

マンハイム【Karl Mannheim】

1893~1947) ハンガリー生まれの社会学者。ドイツ語圏で活動するが、ナチスに追われロンドンで客死。知識社会学の方法を確立。著「イデオロギーとユートピア」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のマンハイムの言及

【イデオロギー】より

上部構造(2)イデオロギー論はその後,マルクス主義陣営以外では,第1次大戦後のドイツで〈知識社会学〉という社会学の一特殊分野を生み出すことになった。その体系家K.マンハイムはイデオロギーとユートピアとを対比し,両者ともに現実の社会には適合しない〈存在超越的〉な観念であるとしながらも,ユートピアが〈存在がいまだそれに達していない意識〉,つまり既存の社会をのりこえる革命的機能をもつ意識であるのに対し,イデオロギーは〈存在によってのりこえられた意識〉,つまり変化した新しい現実をとりこむことのできない,時代にとり残された意識,と規定した。さらにまたマンハイムは,マルクス主義が観念や意識の存在拘束性を発見した功績を評価しながらも,それが敵対的階級のイデオロギーの存在拘束性を暴露することにのみ終始し,自己自身の観念体系をも存在に拘束されたものとしてみる自己相対化の視点を欠いているとして批判し,自己自身の立場にも存在拘束性を認める勇気をもつとき,単なるイデオロギー論は一党派の思想的武器であることをやめ,党派を超越した一般的な社会史や思想史の研究法としての知識社会学に変化する,と主張した。…

【社会計画】より

…さらに〈存在するもの〉と〈存在すべきもの〉との原理的区別を欠く歴史法則的な決定論も社会計画的思考になじまない。こうした見方は,かつて〈自由のための計画〉(《自由・権力・民主的計画》,1951)を説いたK.マンハイムのものでもある。しかし他方,ユートピア的要素を欠き,人間の自由な選択意思を否定し,さらに現実世界の経験的規則性を無視したのでは社会計画の成立する余地はなくなる。…

【社会思想】より

…またルカーチはハンガリー革命に参加して挫折を経験したのち,資本主義社会の物象化を解明し,労働者の階級意識の形成という問題を提起した。 他方,資本主義社会における合理化と官僚制の問題を徹底的に解明したM.ウェーバーの仕事を受けつぎ,マンハイムは,産業社会の合理化が進むとともに,大衆社会に非合理性や激情的衝動があらわれるとし,大衆社会の問題を提起した。〈フランクフルト学派〉の第二世代といえるハーバーマスは,現代社会が〈組織された資本主義〉〈国家的に規制されている資本主義〉に変質しているとし,管理社会の問題を提起している。…

【政治意識】より

…しかし,支配階級による宣伝や教育のために,被支配階級が虚偽意識にとらわれることが問題だとマルクス主義は分析する。K.マンハイムは,こういうマルクス的なイデオロギー概念を拡張して,政治意識を所属集団や階層あるいは職業などの生活的利害によって一般に拘束されたものとして,知識社会学的分析の手法をひらいた。 これに対し,M.ウェーバーは,政治意識を,むしろそれぞれの歴史社会に固有なエートス(社会倫理)によって規定されたものとしてとらえ,それを民族的な文化伝統やエートスの歴史的発展に即して解釈する方向を築いた。…

【大衆社会】より

…かりに抵抗を志した少数者がいても,まったくばらばらの孤立状態だったから抵抗できないし,それを敢えて抵抗に踏み切ったら各個撃破されるだけだった。 社会学者マンハイムは,《変革期における人間と社会》(1935)で,そういう大衆社会状況をいちはやく診断し,その治療の方向づけをしようと試みた。なぜ大衆社会が出現したのか? マンハイムによると,ある社会は,政治の領域であれ文化の領域であれ,優れたエリート層が公衆に媒介されて大衆に影響力を及ぼしているとき,安定し,発展もする。…

【保守主義】より

…フランスよりもさらに資本主義の発達が遅れていた19世紀前半のドイツには,バークをバーク以上に封建的イデオロギーとして継承したK.L.vonハラー,A.ミュラー,F.J.シュタールなどがいた。彼らを対象にしてK.マンハイムが,《保守主義》(1927)の中でその特質を論じたのは,保守主義論の古典として有名である。しかし,ドイツで保守主義という言葉が盛んに用いられるようになるのは,実際はもっと遅れて1860年代以降,ビスマルクの指導の下に大地主(ユンカー)たちが資本家に転じていったころ,彼らのイデオロギーとしてであった。…

※「マンハイム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンハイムの関連キーワードモーツァルト:二台のピアノのための協奏曲 変ホ長調(第10番)/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調/piano soloモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調/piano soloモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第9番 ニ長調/piano soloヨハン・ヴェンツェル・アントン シュターミツスーパープレミアムソフトWバニラリッチシュターミツ カール・フィリップアンネリーゼ ローテンベルガーサンフォニー・コンセルタントバーデンビュルテンベルク州クララ・ジュミ カンペーター デンプE. ガウクラーネッカー[川]シュターミッツニックリッシュバスフ[会社]ゲネラルパウゼバッサーマン文化社会学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンハイムの関連情報