コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーハ Mácha, Karel Hynek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーハ
Mácha, Karel Hynek

[生]1810.11.16. プラハ
[没]1836.11.6. リトメジツェ
チェコの詩人。 19世紀前半のチェコ・ロマン主義の代表。散文ジプシー』 Cikáni (1835) をはじめ,『五月』 Máj (36) の作者として有名。完成した作品は少いが,急進的な民主主義者として,のちの詩人に与えた影響は大きく,1858年論集『五月』を中心に詩人の集団が形成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マーハ【Karel Hynek Mácha】

1810‐36
チェコ文学のロマン主義を代表する詩人。チェコ人に最も愛唱されている詩《五月》(1836)の1編で文学史上に名をとどめ,近代チェコ詩の基礎を築いた人として知られている。作品にはほかに短編《ジプシー》(1835)がある。【千野 栄一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーハ
まーは
Karel Hynek Mcha
(1810―1836)

チェコスロバキアの詩人。貧しい家庭に育ちながらも勉学に努め、大学も法学部から哲学部へと短い生涯のほとんどを学生として送り、卒業後まもなく世を去った。19世紀前半の愛国的ロマン派の代表とされ、同時にチェコを代表する詩人の1人でもある。ギムナジウム時代からドイツ語の詩を書いたが、大学進学後は母国語であるチェコ語で詩をつくり始め、自然と祖国を美しく歌い上げた。生前公刊されたのは、叙情詩的叙事詩『マーイ(5月)』(1836)一編だけであるが、これは彼の名を不朽にし、以後のチェコ語の詩体を確立した。死後、多くの叙情詩や書簡などが編集され、小説『ジプシーたち』(1867)なども公刊されている。[飯島 周]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マーハの関連キーワードローテンブルクのマルクト広場マンフレッド シュナイダーA.F.J. ブーテナントマーハーラーシュトリー語グレゴリー バージェスニマットラー・ワリーアルダマーガディー語フェリックス マガトロンイエン(竜岩)市ブレーメルハーフェンバスデーバヒンディコウノトリ大作戦!ニーダーザクセン州クックスハーフェンサンスクリット語プラークリット語ウェーザー[川]シュラーゲターノルウェー号ウェーザー川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マーハの関連情報