マーフィー(英語表記)Murphy, Arthur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーフィー
Murphy, Arthur

[生]1727.12.27. ロスコモン
[没]1805.6.18. ナイツブリッジ
アイルランド生れのイギリスの俳優,劇作家。俳優を引退してから劇作を始め,『結婚3週間後』 Three Weeks after Marriage (1776) などの作がある。風習喜劇の伝統の復活に貢献した。

マーフィー
Murphy, Frank

[生]1890.4.13. ミシガン,ハーバービーチ
[没]1949.7.19. ミシガン,デトロイト
アメリカの政治家,法律家。 1923年デトロイト地方裁判所判事を振出しに,30~33年デトロイト市長,33年 F.ルーズベルト大統領の任命によりフィリピン総督,35年高等弁務官,36年帰国してミシガン州知事を歴任した。州知事としては 37年の自動車工場のすわりこみストライキに対する軍隊の出動を拒否して財界の反発を買った。 39年法務長官。 40年連邦最高裁判所判事となり,公民権の擁護に尽力した。特に 44年コレマツ対合衆国事件の判決において,連邦政府による太平洋岸地方の日系アメリカ人住民の強制収容に対して,これを「人種主義の合法化」であるとして非難した少数意見を述べた。

マーフィー
Murphy, William Parry

[生]1892.2.6. ウィスコンシン,ストートン
[没]1987.10.
アメリカの医師。 1914年オレゴン大学を卒業後,高等学校で物理と数学を教えていたが,17年ハーバード大学医学部に入学。 20年に医学博士となる。 23年ブルックリンで開業。 24年ハーバード大学で助手,28年,講師となる。 26年 G.マイノットと協同して,悪性貧血の治療用にウシの肝臓を主とした食餌療法を考案し,肝エキス治療法にいたる食餌療法の道を開き,致命的な病気から患者を救うことに成功,この「悪性貧血の肝臓食療法」で,マイノットおよび G.ホイップルとともに,34年のノーベル生理学・医学賞を受けた。主著『貧血の臨床』 Anemia in Practice (1939) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーフィー
まーふぃー
William Parry Murphy
(1892―1987)

アメリカの内科医、血液病学者。牧師の子として、ウィスコンシン州に生まれる。オレゴン州立大学で学位を得たあと、医学を志し、ハーバード大学に入学、1920年に卒業して医師となった。一時開業したが、1924年にハーバード大学医学部の内科助手となり、1948年に講師。早くから血液疾患や膵性(すいせい)糖尿の研究に興味をもっていたが、当時ロチェスター大学病理学教授のホイップルの研究で、二次性貧血のイヌが肝臓食で著しい改善を示した報告を知り、マーフィーの師マイノットとともに、悪性貧血、低色素性貧血、顆粒(かりゅう)球減少症などの患者の治療に、生(なま)の肝臓投与や肝臓エキスの筋肉注射を施し、その結果好成績をあげた。1926年マイノットと「特別食による貧血療法」を共同発表し、その後も血液疾患の研究を続けた。1934年には、ホイップル、マイノットとともにノーベル医学生理学賞を受け、続いて内外の多くの賞を受けている。[古川 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マーフィーの関連情報