コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マールブルク学派 マールブルクガクハ

百科事典マイペディアの解説

マールブルク学派【マールブルクがくは】

ドイツ語Marburger Schuleの訳で,新カント学派の中心的学派。カントの構成主義を発展させ,動的な純粋思惟(しい)の一元論を唱えることによって自然を歴史に媒介しようとした。創始者はマールブルク大学教授のH.コーエンナトルプカッシーラーフォルレンダーらが代表者。
→関連項目ハルトマンマールブルク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のマールブルク学派の言及

【コーエン】より

…ドイツの哲学者。新カント学派の一つであるマールブルク学派の創始者。客観的に存在する事物は自然法則に支配され,法則的に関連づけられているが,彼によれば,この法則的連関は事物を法則的論理的に関連づけて考える思惟の働きによって生み出される。…

【新カント学派】より

…19世紀後半以降第1次世界大戦の時期にかけてドイツを中心として栄えた哲学上の学派で,カントの哲学を観念論の方向に徹底したうえで復興させることによって,当時盛んであった自然科学的唯物論や実証主義に対抗しようとしたものである。これに属する哲学者としては,その一派であるマールブルク学派のコーエン,ナトルプ,カッシーラー,西南ドイツ学派(バーデン学派)のウィンデルバント,リッケルト,ラスクなどがいる。マールブルク学派はカントに従って自然科学を重視するとともに,論理的構成主義の観念論の方向にカントの観念論を徹底した。…

【ナトルプ】より

…ドイツの哲学者,教育学者。新カント学派の一つであるマールブルク学派に属する。彼は,思惟がその対象を生産すると考えたH.コーエンの影響を受け,固有の法則に従って自己のさまざまな対象を生み出していく働きとして意識をとらえ,学問,道徳,芸術,宗教などの文化全体を,意識のこうした働きによって内面的統一的に理解し基礎づけようとした。…

【マールブルク】より

…マールブルク大学はヘッセン方伯フィリップが,1527年ドイツ初のプロテスタント大学として創設。新カント学派のマールブルク学派(コーエン,ナトルプ,カッシーラーら)によっても名高い。木組みの家の立ち並ぶ旧市街はラーン川にのぞむ山の斜面にあり,山上には12~15世紀建造のヘッセン方伯の居城がある。…

※「マールブルク学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android