コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクリ

百科事典マイペディアの解説

ミクリ

ミクリ科の多年草。北海道〜九州,ユーラシア温帯に広く分布し,浅水にはえる。は直立し,高さ50〜100cm。葉は互生して直立し,線形で茎より長い。夏,茎の上部花序をつけ,基部に1〜3個の雌頭花,上部に10個内外の雄頭花をつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミクリ
みくり / 実栗
[学]Sparganium erectum L.

ミクリ科の多年生水草。オオミクリともいう。根茎は横にはい、走出枝を出す。茎は高さ0.5~1メートル、葉は直立して茎より長く、ともに水面を抜き出る。6~8月、よく分枝した枝の上方に雄性の頭花を数個から十数個つけ、下方に雌性の頭花を1~3個つける。頭花はともに柄はなく、雄花は3、4枚の花被片(かひへん)と3本の雄しべ、雌花は3枚の花被片と1本の雌しべがある。柱頭は細く糸状で、長さ3~6ミリメートルに及ぶ。成熟した頭花は径1.5~2センチメートル。果実は角張った卵形で、長さ6~9ミリメートル、果皮は木質化して堅い。浅い池沼や川に生え、北海道から九州、およびアジア、ヨーロッパ、北アフリカの温帯に分布する。名は、集合果をクリのいがに例えたもの。
 ミクリ属は、花が単性で小さく、密生すること、種子に粉状の胚乳(はいにゅう)があることなどから、ガマ科に近縁とみられる。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミクリの関連キーワードJ.フォン ミクリッツ・R.アギオスエレフテリオス教会エルンスト ザウエルブルフ茨城県龍ケ崎市向陽台バイオミメティクスミクリチ=ラデツキ各務鑛三記念館ミクリ(実栗)ザウエルブルフミクリッツ病ヤマトミクリ実栗・三稜草標識的擬態タマミクリウキミクリ各務 鉱三細葉浮実栗三稜草の簾細葉球実栗弥陀ヶ原

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android