コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクリ

2件 の用語解説(ミクリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミクリ

ミクリ科の多年草北海道〜九州,ユーラシアの温帯に広く分布し,浅水にはえる。茎は直立し,高さ50〜100cm。葉は互生して直立し,線形で茎より長い。夏,茎の上部に花序をつけ,基部に1〜3個の雌頭花,上部に10個内外の雄頭花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミクリ
みくり / 実栗
[学]Sparganium erectum L.

ミクリ科の多年生水草。オオミクリともいう。根茎は横にはい、走出枝を出す。茎は高さ0.5~1メートル、葉は直立して茎より長く、ともに水面を抜き出る。6~8月、よく分枝した枝の上方に雄性の頭花を数個から十数個つけ、下方に雌性の頭花を1~3個つける。頭花はともに柄はなく、雄花は3、4枚の花被片(かひへん)と3本の雄しべ、雌花は3枚の花被片と1本の雌しべがある。柱頭は細く糸状で、長さ3~6ミリメートルに及ぶ。成熟した頭花は径1.5~2センチメートル。果実は角張った卵形で、長さ6~9ミリメートル、果皮は木質化して堅い。浅い池沼や川に生え、北海道から九州、およびアジア、ヨーロッパ、北アフリカの温帯に分布する。名は、集合果をクリのいがに例えたもの。
 ミクリ属は、花が単性で小さく、密生すること、種子に粉状の胚乳(はいにゅう)があることなどから、ガマ科に近縁とみられる。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミクリの関連キーワードウグイ阿魏馬芹しめ実栗ユーラシアンオニユリヤマユリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミクリの関連情報