コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミサオノキ Randia cochinchinensis (Lour.) Merr.

2件 の用語解説(ミサオノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミサオノキ【Randia cochinchinensis (Lour.) Merr.】

常緑樹林内にはえるアカネ科の小高木。名前は牧野富太郎の命名で,岩の間にあってもつねに青々として色が変わらないため,操の堅固なことにたとえたという。高さ5~10m,葉は常緑で長楕円形,長さ8~16cm,光沢があり,しばしば対生葉の一方が退化して線形となる。花序はこの線形葉の腋(えき)から出て,よく分枝する。花は5月初旬に咲く。萼筒は子房とほぼ同長,約3mm。花冠は黄色,裂片は4~5枚で,反り返る。子房は2室,各室に数個の胚珠がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミサオノキ
みさおのき / 操木
[学]Randia cochinchinensis (Lour.) Merr.

アカネ科の常緑高木。高さ5~8メートル。葉は対生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ8~16センチメートル。対生葉の一方が退化することがあり、5月初旬、この葉腋(ようえき)から花序を出し、多数の花を開く。花冠は黄色、裂片は反り返る。和歌山県、四国、九州、および中国、インド、東南アジア、オーストラリアなどに広く分布する。名は、牧野富太郎(とみたろう)の命名で、岩の間に生えていても、つねに青々として色が変わらないことを、操の堅固なことに例えてつけられた。
 ミサオノキ属は、おもに熱帯に200~300種あるとされる。鋭い刺(とげ)をもつものがあり、家畜などによる食害から守られる。実を食べるため、また庭木として植えられ、地域的には樹皮や果実を薬用とし、アフリカでは皮膚を染めるのに使うなど、有用な種も多い。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミサオノキの関連キーワード夏緑樹林コーヒーの木本郷草赤芽黐籠茸蔓蟻通針金葛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone