コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾカクシ

百科事典マイペディアの解説

ミゾカクシ

アゼムシロ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミゾカクシ
みぞかくし / 溝隠
[学]Lobelia chinensis Lour.

キキョウ科の多年草。別名アゼムシロ(畦莚)ともいう。茎は高さ3~15センチメートル。葉は互生し、披針(ひしん)形。6~10月、葉腋(ようえき)に長い花柄を出し、淡紅紫色を帯びた白色花を上向きに開く。花冠は5裂し、上側の2片は左右に開出する。丘陵や山地の畦(あぜ)や溝、湿地に生え、日本、および朝鮮半島、中国、インド、マレーシアに分布する。名は、溝を覆うほど繁茂するのでいい、別名は田の畦に群生するようすを莚(むしろ)に見立てたものである。中国では解毒、利尿薬とするが、日本では利用しない。
 ミゾカクシ属は世界に約200種、日本に3種あり、ミゾカクシ亜科に属すが、この亜科は独立のミゾカクシ科Lobeliaceaeとする考えもある。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミゾカクシの言及

【サワギキョウ(沢桔梗)】より

…キキョウの名はあるが,花冠は2唇形を呈し,おしべは合生して花柱をとり囲んでいるなど,キキョウとは大きく違っている。キキョウ科ではミゾカクシ亜科とされる。茎や葉は無毛。…

【薬用植物】より

…同じ植物がある地域では薬用に利用されるのに,別の地域では無用の場合がある。例えば中国でミゾカクシ(中国名,半辺蓮,キキョウ科)は腫瘍や毒蛇の咬傷に,エノキグサ(中国名,血見愁,トウダイグサ科)は止血剤として,内服されたり外用される。両植物はいずれも日本に自生しているが,日本ではまったく使われていない。…

※「ミゾカクシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミゾカクシの関連キーワードサワギキョウ(沢桔梗)キキョウ科ロベリア畦蓆

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android