コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツスイ ミツスイMeliphagidae; honeyeaters

3件 の用語解説(ミツスイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツスイ
ミツスイ
Meliphagidae; honeyeaters

スズメ目ミツスイ科の鳥の総称。約 180種からなり,全長 8~50cm。体はややほっそりとしており,は細く,湾曲している。羽色は,オリーブ色,黒,白,褐色,赤褐色など全体に地味であるが,一部の種には赤色の鮮やかな部分がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミツスイ

ミツスイ科の鳥の総称。約170種ある。大きさはいろいろだがスズメより小さいものが多い。くちばしは一般に細くて長く,舌がブラシ状で花蜜を吸うのに適するが,昆虫,果実を食べるものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツスイ
みつすい / 蜜吸
Australian honeyeater

鳥綱スズメ目ミツスイ科に属する鳥の総称。この科Meliphagidaeの仲間は、南太平洋の諸島からニューギニア島オーストラリアにかけて広く分布する。日本にはメグロ1種がいるだけであるが、170種ほどを含む大きい科である。全長10~45センチメートルと小形から中形のグループであるが、大きさ、形ともにさまざまで、大いに多様化している。色も、目だたない草褐色のものから色彩豊かなはでなものまでさまざまである。その生活域も幅広く、ユーカリ林から亜熱帯降雨林、あるいは半砂漠の低木林とほとんどの林にみられる。大部分の種の嘴(くちばし)は細く長めで、先が鋭くとがり、多少なりとも下方へ湾曲している。舌には深い縦溝があり、長くて、嘴の外へ押し出すことができ、先はブラシのようになっていて花蜜(かみつ)を吸い取るのに適している。しかし花蜜食だけでなく、ほとんどの種は果実や昆虫も食べ、ほかの小鳥の雛(ひな)を襲うものもあるし、大形のものはトカゲやカエルを食べる。多くのものが顔に花の花粉をつけて運び、受粉に役だっているといわれる。ハゲミツスイPhilemon corniculatusは群れて騒がしく、ミミジロミツスイLichenostomus leucotisはシジュウカラに似た種であり、クレナイミツスイMyzomela sanguinolentaは紅色をしている。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミツスイの関連キーワード傷害保険オーバーヘッドアプローチ経度干渉縞ターンタイプ時効来栖けい円谷祐奈傷害特約ヘロディアヌス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミツスイの関連情報