ミトラダテス1世(読み)ミトラダテスいっせい(英語表記)Mithradatēs(Mithridatēs) I

  • Mithradatēs I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代ポントス王国の王。ミトリダテスとも呼ばれる。王位継承順位に史料上の問題があり,2世とも数えられる。キオス僭主 (在位前 336/7~前 302) でペルシア系貴族。ダレイオス1世の血をひくと称した。アンチゴノス1世により処刑された。
[生]?
[没]前138/前137
古代イラン,アルサケス朝パルティア帝国の王 (在位前 171頃~138/7) 。セレウコス朝より,メディア,バクトリア,エリュマイスなどを奪い,前 142/1年にはバビロニア占領。セレウコス朝の王デメトリオス2世はバビロニアの奪還を試みたが,敗れて捕われた。しかしミトラダテスは彼を厚遇して娘を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android