コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミトラダテス1世 ミトラダテスいっせい Mithradatēs(Mithridatēs) I

2件 の用語解説(ミトラダテス1世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミトラダテス1世
ミトラダテスいっせい
Mithradatēs(Mithridatēs) I

古代ポントス王国の王。ミトリダテスとも呼ばれる王位継承順位に史料上の問題があり,2世とも数えられる。キオスの僭主 (在位前 336/7~前 302) でペルシア系貴族。ダレイオス1世の血をひくと称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミトラダテス1世
ミトラダテスいっせい
Mithradatēs I

[生]?
[没]前138/前137
古代イランアルサケス朝パルティア帝国の王 (在位前 171頃~138/7) 。セレウコス朝より,メディアバクトリア,エリュマイスなどを奪い,前 142/1年にはバビロニアを占領。セレウコス朝の王デメトリオス2世はバビロニアの奪還を試みたが,敗れて捕われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミトラダテス1世の関連キーワード階乗NエヌスンガN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone