コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミトラダテス1世 ミトラダテスいっせいMithradatēs(Mithridatēs) I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミトラダテス1世
ミトラダテスいっせい
Mithradatēs(Mithridatēs) I

古代ポントス王国の王。ミトリダテスとも呼ばれる。王位継承順位に史料上の問題があり,2世とも数えられる。キオスの僭主 (在位前 336/7~前 302) でペルシア系貴族。ダレイオス1世の血をひくと称した。アンチゴノス1世により処刑された。

ミトラダテス1世
ミトラダテスいっせい
Mithradatēs I

[生]?
[没]前138/前137
古代イラン,アルサケス朝パルティア帝国の王 (在位前 171頃~138/7) 。セレウコス朝より,メディア,バクトリア,エリュマイスなどを奪い,前 142/1年にはバビロニアを占領。セレウコス朝の王デメトリオス2世はバビロニアの奪還を試みたが,敗れて捕われた。しかしミトラダテスは彼を厚遇して娘を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android