ミネソタ[州](読み)ミネソタ

百科事典マイペディアの解説

ミネソタ[州]【ミネソタ】

米国中央北部の州。略称Minn.,MN。標高300〜500mの平たんな台地で,氷食による無数の氷河湖が散在。北東部はスペリオル湖に面する。農業・牧畜が重要で,北西部は小麦地帯,南東部は果樹・酪農地帯でリンゴとバターの産が多い。メサビ山地を中心とする全米屈指の鉄鉱産地で,スペリオル湖岸のダルースから積み出す。食品加工,皮革,製紙パルプ,電子機器,プラスチックなどの工業が盛ん。17世紀にフランス人が探検,1803年ほぼ全域が米領となり,1819年最初の植民。1858年連邦加入。州都セント・ポール。最大都市ミネアポリス。20万6232km2。545万7173人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミネソタ[州]【Minnesota】

アメリカ合衆国中西部の州。略称Minn.。連邦加入1858年,32番目。面積21万7735km2,人口466万(1996)。州都セント・ポール,最大都市ミネアポリス。州名は北部森林地帯の先住民であったスー・インディアンの言語で本来〈濁った水〉〈曇り空のような水〉を意味するが,〈青空のように澄んだ水〉という解釈のほうが人気がある。北はカナダ国境で,北東部はスペリオル湖に面する。〈1万の湖水の州〉と呼ばれるように氷河湖が多く,実際に1万5291の湖水があり,ミシシッピ川本流の源流域である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android