コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミノカサゴ(蓑笠子) ミノカサゴ

1件 の用語解説(ミノカサゴ(蓑笠子)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミノカサゴ【ミノカサゴ(蓑笠子)】

カサゴ目フサカサゴ科ミノカサゴ属の海産魚の総称またはそのうちの1種を指す。胸びれや背びれが長くのび,蓑(みの)をかぶったように見えることに由来した名称。ミノウオ(対馬),ミノオコゼ(鹿児島)ともいう。英語では近縁種にbutterfly fish,あるいはtiger fishの名がついている。日本近海にはミノカサゴ,ネッタイミノカサゴ,キミオコゼ,ハナミノカサゴの4種のミノカサゴ属の魚がいる。ミノカサゴPterois lunulataは中部以南の各地,太平洋の熱帯諸島,さらにオーストラリア,紅海にまで分布し,沿岸の岩礁地帯に生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone