コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミノカサゴ(蓑笠子) ミノカサゴ

1件 の用語解説(ミノカサゴ(蓑笠子)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミノカサゴ【ミノカサゴ(蓑笠子)】

カサゴ目フサカサゴ科ミノカサゴ属の海産魚の総称またはそのうちの1種を指す。胸びれや背びれが長くのび,蓑(みの)をかぶったように見えることに由来した名称。ミノウオ(対馬),ミノオコゼ(鹿児島)ともいう。英語では近縁種にbutterfly fish,あるいはtiger fishの名がついている。日本近海にはミノカサゴ,ネッタイミノカサゴ,キミオコゼ,ハナミノカサゴの4種のミノカサゴ属の魚がいる。ミノカサゴPterois lunulataは中部以南の各地,太平洋の熱帯諸島,さらにオーストラリア,紅海にまで分布し,沿岸の岩礁地帯に生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミノカサゴ(蓑笠子)の関連キーワードアコウダイカサゴキチジ笠子サゴ椰子蓑笠子傘御光そいサゴ逆さごと

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone