ミヤギノハギ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤギノハギ
みやぎのはぎ / 宮城野萩
[学]Lespedeza thunbergii (DC.) Nakai

マメ科の落葉低木。開花時に枝は湾曲してしだれ、先端は地面を擦るようになる。花序は長さ約15センチメートルになり、十数個の濃紅紫色花を開く。花冠は蝶(ちょう)形で長さ約1.5センチメートル、ハギ属中最大である。一般にハギと称される種の一つで、庭園などに広く栽培される栽培植物である。本州北部と中部の日本海側の山野には、本種と非常に近いケハギが野生する。ケハギは茎や花序に立毛があるものが多く、また枝が直立または斜上するものもある。ケハギの白色花のものをユキハギという。[秋山 忍]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミヤギノハギの言及

【ハギ(萩)】より

…一般にハギと呼ばれる植物はマメ科ハギ属の中のヤマハギ節に属する数種類を含むもので,特定の種類ではなく,外観の似ている種類の総称である。ふつうにハギと呼ばれるのはヤマハギ,ミヤギノハギ,ニシキハギ,ツクシハギのことで,ときにマルバハギも含まれる。 ハギの一般的な特徴は次のとおりである。…

※「ミヤギノハギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android