コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤスコフスキー

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤスコフスキー【Nikolai Yakovlevich Myaskovskii】

1881‐1950
ソ連邦の作曲家,教育者。チャイコフスキーの伝統の上に新しい交響曲の創造を目ざした作曲家として知られる。ペテルブルグ音楽院で学ぶ。第1次大戦に従軍。1921年モスクワ音楽院作曲科教授となり終生その地位にあった。革命の精神を表した《交響曲第6番》(1923),十月革命15周年記念のための《交響曲第12番コルホーズ》(1932),構築性と抒情的歌謡性を融合させた《交響曲第21番交響的幻想》(1940。スターリン賞),カフカス地方の民謡研究を結実させた《交響曲第23番》(1941),《チェロ協奏曲》(1944。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ミヤスコフスキーの関連キーワードヴィサリオン シェバーリンアラム ハチャトゥリヤンレインゴリド グリエール社会主義リアリズムハチャトゥリヤンショスタコービチカバレフスキー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android