コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤスコフスキー

百科事典マイペディアの解説

ミヤスコフスキー

ロシア(ソ連)の作曲家,教育者。ミャスコフスキーとも。ペテルブルグ音楽院リャードフリムスキー・コルサコフに学び,プロコフィエフと親交を結ぶ。1921年モスクワ音楽院作曲科教授に就任。終生その地位にあって,モソロフ,ハチャトゥリヤンカバレフスキーらを教えた。27曲の交響曲(1908年−1949年)をはじめとする管弦楽曲や協奏曲,13曲の弦楽四重奏曲(1930年−1949年)などの室内楽曲,9曲のソナタ(1909年−1949年)などのピアノ曲,歌曲などがある。作品はソビエト当局が強いた〈社会主義リアリズム〉路線の枠組みを越えた才気と高度な作曲技巧を示し,プロコフィエフやショスタコービチにも少なからぬ影響を与えた。今後の再評価が待たれる作曲家の一人。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤスコフスキー【Nikolai Yakovlevich Myaskovskii】

1881‐1950
ソ連邦の作曲家,教育者。チャイコフスキーの伝統の上に新しい交響曲の創造を目ざした作曲家として知られる。ペテルブルグ音楽院で学ぶ。第1次大戦に従軍。1921年モスクワ音楽院作曲科教授となり終生その地位にあった。革命の精神を表した《交響曲第6番》(1923),十月革命15周年記念のための《交響曲第12番コルホーズ》(1932),構築性と抒情的歌謡性を融合させた《交響曲第21番交響的幻想》(1940。スターリン賞),カフカス地方の民謡研究を結実させた《交響曲第23番》(1941),《チェロ協奏曲》(1944。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ミヤスコフスキーの関連キーワードヴィサリオン シェバーリンレインゴリド グリエールアラム ハチャトゥリヤン

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android