ミヤマエンレイソウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマエンレイソウ
みやまえんれいそう / 深山延齢草
[学]Trillium tschonoskii Maxim.

ユリ科の多年草。茎は短くて太い根茎から直立し、上端に3枚の葉を輪生する。葉は菱円(りょうえん)形または平円形で、長さ、幅とも7~17センチメートル。4~6月、茎頂から細い花柄が出て、側方を向いた花を一つつける。萼片(がくへん)は3枚あり、緑色、草質で、長さ2~2.5センチメートルでややとがる。花弁は白色であるが、まれに淡紫色のもの(ムラサキエンレイソウ)もあり、ややとがった卵形で萼片よりすこし長い。雄しべは6本、花糸は平たく、葯(やく)は花糸より長い。山中の林内に生え、北海道から四国に分布する。名は、全体がエンレイソウに似ており、深山に生えることによる。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android