コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミリンダ王の問い ミリンダおうのといMilindapañha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミリンダ王の問い
ミリンダおうのとい
Milindapañha

仏教経典の一つ。著者不明。成立年代未詳。前2世紀後半に北西インドを支配していたギリシア人の国王ミリンダ (→メナンドロス ) と,仏教の学僧ナーガセーナ (→那先 ) とが仏教教理に関する問答を行い,ついに王が出家して阿羅漢となった次第をパーリ語の対話形式で述べている。ギリシア的思惟とインド的思惟との対比交流という点で重視される。その漢訳としては『那先比丘経』2巻本と3巻本とがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミリンダ王の問い【ミリンダおうのとい】

前1世紀ころ,インドで作られたパーリ語の仏教聖典。作者不明。前2世紀に北西インドを支配していたギリシア人の王ミリンダ(メナンドロス)が個人我・霊魂等の仏教教理に関して質問し,仏教僧ナーガセーナがこれに答え,ついに王が仏教に帰依(きえ)した経緯を語ったもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミリンダおうのとい【ミリンダ王の問い】

パーリ語の仏典の一つ。原題を《ミリンダパンハーMilindapañhā》といい,《ミリンダ王問経》《弥蘭王問経(みらんおうもんぎよう)》などとも訳されている。途中までの漢訳として《那先比丘経(なせんびくきよう)》(訳者不明,2巻本と3巻本の2種)がある。ミリンダ王とは,前2世紀ころ西北インドを支配していたギリシア人の王メナンドロスのことで,王が仏僧ナーガセーナ(那先)と仏教教理に関する問答を重ね,ついに信者になった過程を記している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ミリンダおうのとい【ミリンダ王の問い】

ミリンダ王と仏教の論師ナーガセーナ長老との問答を記した書。紀元一世紀前半までに成立。仏教教理についての問答を重ね、王がついに出家して阿羅漢になるまでの経緯を対話形式で表現する。ミリンダ王問経。 〔漢訳名は「那先比丘経なせんびくきよう」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ミリンダ王の問いの関連キーワードデービッズ早島 鏡正ラオス文学南伝大蔵経パーリ文学

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android