コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミレス Milles, Carl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミレス
Milles, Carl

[生]1875.6.23. スウェーデンウプサラ
[没]1955.9.19. スウェーデン,リーディンゲー
スウェーデン生れのアメリカの彫刻家。ストックホルムの工芸学校で学んだのち,1897年パリに出てロダンの影響を受けた。 1902年ステン・ストゥレ記念碑コンクールに入選。 06年ストックホルムに帰り,ギリシアのアルカイック彫刻やロマネスク風を取入れた独特の作風を展開,『フォルクンガ噴水』,『ダイアナ噴水』 (1928,ストックホルム) などのモニュメンタルな作品を制作。 29年渡米,45年アメリカ国籍を取得。主要作品『移民と魚』 (40,ペンシルバニア,ハリスバーグ) ,『復活の記念碑』 (46頃,ワシントン,ナショナル・メモリアル・パーク) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミレス

スウェーデンの彫刻家。1897年―1904年パリでロダンの助手となり,1920年―31年ストックホルム美術学校教授を務めたのち渡米。1945年帰化。歴史的肖像,記念碑,特にストックホルムの《オルフェウス噴水群像》(1936年)など,幻想的な構想をもとに様式化された噴水彫刻を得意とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミレス
みれす
Carl Milles
(1875―1955)

スウェーデンの彫刻家。本名Carl Emil Wilhelm Andersson。北欧最大の祭りである夏至の夜、ウプサラ近郊のオービーに海軍軍人の子として誕生。ストックホルムの美術工業高校に2年学んだのち、パリでロダンに師事。1901年ミュンヘンに移り彫刻家ヒルデブラントの理論に影響を受ける。帰国後の4年、高さ約7メートルの着色木彫像『グスタブ・バサ王』(北方博物館)に着手。20~31年ストックホルムの王立美術アカデミー教授、31年アメリカのクランブルク美術アカデミー教授に招かれ、20年間とどまる。北欧神話に多く題材を求め、幻想的で不可思議な空間彫刻の大作を多く残した。晩年アトリエとしたストックホルム近郊のリディンゲ島にミレス園(国立彫刻庭園)がある。代表作『神の手』『人とペガサス』は箱根・彫刻の森美術館にも収蔵されている。[三田村右]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミレスの関連キーワードサンタコミュニティ・レストラン(コミレス)family restaurantクリーブランド・インディアンス中国サッカー・スーパーリーグサンディニスタ民族解放戦線アルフォンソ1世(戦闘王)エドガルド アルフォンゾボストン・レッドソックスサンチョ4世(高貴王)いきなり! 黄金伝説。仮面ライダースティングチャーリー マニエル恋は雨上がりのようにチーモンチョーチュウキョウリュウシアンジェフ モーラッドセンデロ・ルミノソスウェーデン美術リンヒェーピング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android