コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミレス ミレス Milles, Carl

3件 の用語解説(ミレスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミレス
ミレス
Milles, Carl

[生]1875.6.23. スウェーデンウプサラ
[没]1955.9.19. スウェーデン,リーディンゲー
スウェーデン生れのアメリカの彫刻家。ストックホルムの工芸学校で学んだのち,1897年パリに出てロダンの影響を受けた。 1902年ステン・ストゥレ記念碑コンクールに入選。 06年ストックホルムに帰り,ギリシアアルカイック彫刻やロマネスク風を取入れた独特の作風を展開,『フォルクンガ噴水』,『ダイアナ噴水』 (1928,ストックホルム) などのモニュメンタルな作品を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミレス

スウェーデンの彫刻家。1897年―1904年パリでロダンの助手となり,1920年―31年ストックホルム美術学校教授を務めたのち渡米。1945年帰化。歴史的肖像,記念碑,特にストックホルムの《オルフェウス噴水群像》(1936年)など,幻想的な構想をもとに様式化された噴水彫刻を得意とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミレス
みれす
Carl Milles
(1875―1955)

スウェーデンの彫刻家。本名Carl Emil Wilhelm Andersson。北欧最大の祭りである夏至の夜、ウプサラ近郊のオービーに海軍軍人の子として誕生。ストックホルムの美術工業高校に2年学んだのち、パリでロダンに師事。1901年ミュンヘンに移り彫刻家ヒルデブラントの理論に影響を受ける。帰国後の4年、高さ約7メートルの着色木彫像『グスタブ・バサ王』(北方博物館)に着手。20~31年ストックホルムの王立美術アカデミー教授、31年アメリカのクランブルク美術アカデミー教授に招かれ、20年間とどまる。北欧神話に多く題材を求め、幻想的で不可思議な空間彫刻の大作を多く残した。晩年アトリエとしたストックホルム近郊のリディンゲ島にミレス園(国立彫刻庭園)がある。代表作『神の手』『人とペガサス』は箱根・彫刻の森美術館にも収蔵されている。[三田村右]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミレスの関連キーワードスウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン室内管弦楽団スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミレスの関連情報