コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンゲッティ ミンゲッティ Minghetti, Marco

2件 の用語解説(ミンゲッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンゲッティ
ミンゲッティ
Minghetti, Marco

[生]1818.11.8. ボローニャ
[没]1886.12.10. ローマ
イタリアの政治家。ボローニャ大学自然科学を専攻していたが,政治に魅せられ,ローマで改革派教皇ピウス9世のもとで公共事業相に就任。のちローマを去ってサルジニア王国に帰化し,C.カブールに協力してリソルジメント運動を進めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミンゲッティ
みんげってぃ
Marco Minghetti
(1818―1886)

イタリアの政治家。ボローニャ地方の大地主階級出身。教皇国家の自由主義的改革運動に参加し(1846~1847)、ピウス9世の立憲的政府の公共事業相になった(1848)が、首相ロッシの暗殺後辞任し、カルロ・アルベルトの軍隊に入って対オーストリア戦争に参加した。その後、カブールに会い(1852)、その要請で中部イタリアに関する覚書を書いた(1856)。ピエモンテ内務省に入り(1859)、カブールの中部併合政策に重大な役割を演じた。最後のピエモンテ政府と、最初のイタリア王国政府の内相と財務相を相次いで務め(1860~1863)、内相としては新国家の行政的再編成にあたって地方分権の導入を主張したが認められず、かわりに中央集権が採択された。続いて首相になり(1863~1864)、ローマからのフランス軍の撤退を決めた「9月協定」をナポレオン3世と結ぶが、同協定の規定する遷都問題がトリノの暴動を引き起こし、辞職を余儀なくされた。ふたたび首相になり(1873~1876)、財務相を兼任した第二次政権の末期に、イタリア統一後初めて国家財政の収支均衡に成功し、右派(穏健派出身の議員)政権時代の最後を飾った。その後の左派(マッツィーニ派などの急進派出身の議員)政権の時代に、ミンゲッティは議会内反対派の先頭にたち、国家の道徳的改革の必要を説いた。主著『国家と教会』(1878)においてカブールの宗教的自由主義に類似の見解を表明したが、右派政治家のなかでは異色の広い見識を備えた開明的自由主義者であった。[重岡保郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミンゲッティの関連キーワードボローニャソーセージエミリアロマーニャボローニャの斜塔ナイト・オブ・ボローニャボローニャ サーティファイド エディションボローニャ市立劇場管弦楽団ボローニャ セルロイドボローニャ ディバインボローニャ・パッションヤコポ・ダ・ボローニャ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone