コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムウェル[湖] Lake Mweru

世界大百科事典 第2版の解説

ムウェル[湖]【Lake Mweru】

アフリカ中部,コンゴ民主共和国(旧,ザイール)とザンビアの国境にある湖。ムウェルとは現地のことばで〈湖〉を意味する。長さ約120km,幅約50kmのほぼ長方形をなし,湖面標高918m,面積約4900km2。東岸から南岸にかけては湿地帯となっている。南岸に両国の国境をなすルアプラ川が流入し,北岸からコンゴ川の支流ルブア川が流出する。1867年にリビングストンがこの湖を〈発見〉した。【編集部】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android