コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムウェル[湖] Lake Mweru

世界大百科事典 第2版の解説

ムウェル[湖]【Lake Mweru】

アフリカ中部,コンゴ民主共和国(旧,ザイール)とザンビアの国境にある湖。ムウェルとは現地のことばで〈湖〉を意味する。長さ約120km,幅約50kmのほぼ長方形をなし,湖面標高918m,面積約4900km2。東岸から南岸にかけては湿地帯となっている。南岸に両国の国境をなすルアプラ川が流入し,北岸からコンゴ川の支流ルブア川が流出する。1867年にリビングストンがこの湖を〈発見〉した。【編集部】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android