コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バングウェウル湖 バングウェウルこBangweulu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バングウェウル湖
バングウェウルこ
Bangweulu

ザンビア北東部にあるコンゴ川水系の湖。名称はバンツー語で「大きな水面」の意。雨季には東岸に大湿地帯を形成し,湖面面積は 9800km2に拡大する。湖上には人の住む三つの島がある。魚が豊富で漁業も盛ん。1868年デービッド・リビングストン来訪,1873年南岸で死去した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バングウェウル‐こ【バングウェウル湖】

Lake Bangweulu》アフリカ中央部、ザンビア北東部にある湖。増水期の面積は約9000平方キロメートルに達する。ルブア川が流出し、ムウェル湖に注ぐ。1868年にリビングストンが到達した。周辺にはベンバ族が多く居住する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バングウェウル湖
ばんぐうぇうるこ
Lake Bangweulu

アフリカ中南部、ザンビア北東部の標高約1100メートルの高原にある浅い湖。南岸から流出するルアプラ川はコンゴ川水系の一部をなす。雨期(4月ごろ)には面積が9000平方キロメートルを超えるが、乾期(10月ごろ)には3分の1以下に縮小する。南岸一帯は同名の広大な湿地となっている。湖上の三つの島と湖の周辺にはベンバ系諸部族が農牧業と漁業を営んでいる。リビングストンが1868年ここに達し、1873年に南岸近くで没した。[中村和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バングウェウル湖の関連キーワードリビングストン(David Livingston)コンゴ[川]カウンダ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android