コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バングウェウル湖 バングウェウルこ Bangweulu

3件 の用語解説(バングウェウル湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バングウェウル湖
バングウェウルこ
Bangweulu

ザンビア北東部にあるコンゴ川水系の湖。名称はバンツー語で「大きな水面」の意。雨季には東岸に大湿地帯を形成し,湖面面積は 9800km2に拡大する。湖上には人の住む三つの島がある。魚が豊富で漁業も盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バングウェウル‐こ【バングウェウル湖】

Lake Bangweulu》アフリカ中央部、ザンビア北東部にある湖。増水期の面積は約9000平方キロメートルに達する。ルブア川が流出し、ムウェル湖に注ぐ。1868年にリビングストンが到達した。周辺にはベンバ族が多く居住する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バングウェウル湖
ばんぐうぇうるこ
Lake Bangweulu

アフリカ中南部、ザンビア北東部の標高約1100メートルの高原にある浅い湖。南岸から流出するルアプラ川はコンゴ川水系の一部をなす。雨期(4月ごろ)には面積が9000平方キロメートルを超えるが、乾期(10月ごろ)には3分の1以下に縮小する。南岸一帯は同名の広大な湿地となっている。湖上の三つの島と湖の周辺にはベンバ系諸部族が農牧業と漁業を営んでいる。リビングストンが1868年ここに達し、1873年に南岸近くで没した。[中村和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バングウェウル湖の関連キーワードアフロAgassiz,Lakeeutrophic lakeLake,K.lake basinlake dwellinglake typeRudolf,Lakeoxbow lakeoligotrophic lake

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone