コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカゴサイシン Nervilia nipponica Makino

2件 の用語解説(ムカゴサイシンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムカゴサイシン【Nervilia nipponica Makino】

常緑樹林の林床にまれに生える小型の地生ラン。葉と花が別々の時期に出るのが特徴。和名は球茎をヤマノイモむかご(珠芽),葉をウスバサイシン類になぞらえたもの。小さな球茎がある。5~7月,10cmくらいの花茎に花を1個つける。葉は花後に出る。葉はただ1枚のみ,芽の中では扇のようにたたみこまれており,それが開くと葉柄は長く,葉身は五角形状心形となり,通常のランの葉とはかなり異なる。花は茶褐色であまり開かず,径1cm程度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムカゴサイシン
むかごさいしん / 零余子細辛
[学]Nervilia nipponica Makino

ラン科の多年草。地下に塊茎がある。5~7月、高さ約10センチメートルで無葉の花茎を出し、先端に花を1個横向きに開く。花冠は半開し、長さ約1センチメートル。花被片(かひへん)は紫色を帯びた褐色。唇弁は白色で紫色の斑点(はんてん)があり、距(きょ)はない。葉は花期後に1枚つき、円心形で網状脈がある。葉柄は長さ約3センチメートル。常緑樹林の林床にまれに生育し、本州から九州に分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムカゴサイシンの関連キーワード温帯林夏緑樹林常緑樹姥百合地生え樹林風藤葛本郷草林床生え変る

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone