コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムクゲコノハ ムクゲコノハ Dermaleipa juno

3件 の用語解説(ムクゲコノハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムクゲコノハ
ムクゲコノハ
Dermaleipa juno

鱗翅目ヤガ科。前翅長 41~45mm。体は太い。前翅は先端が鋭くとがり,表面は灰褐色で4本の斜線がある。後翅の外縁は幅広く美しい赤色で,基部の黒色斑には青色紋がある。成虫は夏から秋にかけて出現し,ナシ,モモ,リンゴなどの果実に集り,果汁を吸って大害を与えることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ムクゲコノハ【Lagoptera juno】

鱗翅目ヤガ科の昆虫。大型で開張8cm内外。前翅は枯葉状の褐色であるが,後翅は美しい朱色,中心部は黒色でその中に青色の紋を有する。裏面も朱色。雄では後翅の内縁に沿って長い毛束を生ずるので尨毛(むくげ)の名がある。木の葉というのは前翅の形状と色調による。インド東南アジアに分布する。日本では全土に産し,4~9月に見られる。幼虫はコナラオニグルミなど多種の広葉樹につく。【杉 繁郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムクゲコノハ
むくげこのは / 尨毛木葉蛾
[学]Lagoptera juno

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。はねの開張80ミリ内外の大形種。前翅は赤褐色で翅頂はとがり、そこから内方に湾曲する暗褐色の横線が後角に走る。後翅内縁には長い毛束があり、はねの基半は黒く、その中に青色の帯があり、外半は赤色。日本本土、対馬(つしま)、屋久(やく)島、南西諸島から、中国、東南アジアに広く分布する。幼虫はクヌギ、コナラ、クリなどの広葉樹に寄生する。腹部第五節背面に楕円(だえん)形の黒色紋をもつ。昼間は樹幹に潜み、夜間に出て葉を食べる。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムクゲコノハの関連キーワードウスタビガフクラスズメ毒蛾虎蛾夜蛾甘藍夜蛾エゾヨツメシャクガ(尺蛾)ナシケンモン(梨剣紋)ヨナグニサン(与那国蚕)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone